にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

3Rでなくて5R : 嫌われる勇気を持って拒否

(昨日の記事に関連した続きでもあるのだが)今年読んだ本の中でベストを選ぶとなると、「ゼロウェイストホーム」になる。ここ数年で読んだ中でもベストと言えるが、そのポイントになるのがこの図である(英語版kindle サンプルから画面コピー借用)。

f:id:Miketoy:20180924164230j:image

必要なものを減らす「レデュース」、買ったものは繰り返し使う「リユース」、資源化する「リサイクル」の3Rというのは、エコに多少関心を持っている人は常識だと思う。私の住む地域行政紙「広報たかまつ」の10月1日号で、ゴミを減らして循環型社会の実現をという正しい分別方法でゴミをというコラムがあったように、一般人向けの啓蒙活動でも3Rは良くみられる。またコンポストなどによる有機物のリサイクルとしての堆肥化「ロット」も、馴染みのある言葉かどうかはともかく、認識はされつつあると思う。さらに、不必要なゴミを断る「レヒューズ」と併せて、欧米人お得意の3つから5つの頭文字キーワード合わせだ。

この本で私が最も印象的に思ったのは「レヒューズ」である。使い捨てプラスチック、無料グッズ類、ダイレクトメール、持続すべきでない慣習の4つがレヒューズの大きなチャンスとしている。確かに、ゴミの源流を断てば、ゴミは減る。コロンブスの卵的発想だ。とりあえずもらっておいて、後日に捨てる傾向は、私にもあったので反省だ。これから、ゴミ流入を阻止すべく意識していこう。

5Rの中で最も難しいのが、そのレヒューズだというが、要らないものを拒否する、No! を言えない人は、世の中には多いのではないか。申し出た人に嫌われることを恐れるからだ。この本でも、先手必勝が有効としている。相手が自分の価値観と合わないこと、好意を受け容れない態度を好ましく思われないことも人によってはありそうだ。

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

この本以前に大きな衝撃を受けた本は、私のブログでも何度も紹介している「嫌われる勇気」だ。相手の欲求と自分の生き様と異なる時に、勇気を持ってレヒューズする気概があるか、それと共通しているところがあるように思う。誤解の与えやすいタイトルなのだが、国内でのアドラー心理学の定番本だと思っている。「エコに暮らす」ということは、アドラー心理学のキーワードな価値観である「共同体感覚」の養成にも通じるところがある。読んでいない方は、レヒューズする勇気が湧くかもしれないので、ぜひ併せて読まれたい。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

久々に良い本に出会った「ゼロウェイストホーム」

このところ感動するような本に出会わないなあと思っていたが、久しぶりに出会った。ベア・ジョンソン著の「ゼロウェイストホーム」である。

ブログ村のエコのカテゴリーで(私はランキングをどんどん下降中(笑)だが)、上位ランクに位置してきた人でゼロウエイストを謳っている人を多く見かけるようになった。彼女らのブログの中でもベアジョンソンのこの本に大きく影響を受けたと言っている。遅ればせながら私もゼロウェイストな暮らしを目指し参入、今日からブログの説明に「ゼロウェイスト」の言葉も入れ、関連記事はメインにはならないもののそれなりに増やしていく予定。するとエコカテゴリーのトップテンの半分が「ゼロウェイスト」支持を表明していることになる。「ミニマリズム」に続く新たなトレンドを形作れる日がいつか来るかもしれない。

f:id:Miketoy:20180924090012p:image

ゼロウェイストは名前は聞いたことはあったが、言葉通りの「ゴミを減らそう!」的な啓蒙書だろう、我家はゴミは毎週の定期回収のゴミの量は、ゼロではないがゴミ収集指定収集袋小1つ程度で問題なしとタカを括っていて読みもしなかった。遅ればせながら、アマゾンでの無料の「なか見!検索」をして読んでみると*1、とても面白かった。その後に図書館にこの蔵書があるのがわかり、借りて昨日読了した。

f:id:Miketoy:20180921162902j:image

内容に関しては後日に触れるが、このような新しい見方を取り入れないとと思った。私は書籍は断捨離しているから*2なく、書籍代は図書館で借りるから年間でほぼゼロ円。キンドル化のリクエストはしておいたが、バイブル的に持っていても良いかなと思い、購入も考え中だ。今年初めて購入するに値する本に出会え嬉しく思う。

*1:前書き後書きから1章の総論まで所々抜けているがほぼ全てが読める。その60ページあまりで、著者の主張は大方、理解できるはずだ。各論は読めないのの、目次から書かれていることは容易に想像できる。

*2:雑誌としての「きょうの料理」のテキストはある

これで最後のレッスン

この地に来て、最初にデビューした Kスポーツクラブは2ヶ月在籍した。次のRスポーツクラブは1年だ。そして今月末を持って退会、2ヶ月の重複はあったが来月からは Jスポーツクラブのみとなる。乗り換え理由を一言で言うなら、エアロビ関連クラスの充実度だ。

退会と言っても、細く長くはつながっている。Rでは6ヶ月以内の再度の入会は、月会費は新条件で適用だが、入会金と事務手数料は無料だという。Kでも類した条件だった。既にデータベースに私の情報は入っているわけで、システム的には「アクティブ」のチェックボックスをクリックし外すだけだろうし、世間的にも会員数は多い方が色々な時に彼らにとっても有利なはずだ。勝手がわかっているだけ、DMキャンペーン送付などで事情が変わっての再入会のチャンスは、新規顧客獲得より遥かに大きいかもしれない。

さて、今月はその Rには2回しか行っていない。いつも、元をとらないと損だ!というさもしい発想があるからだが、必要もないのに2つのジムに通う必要もない。Jの1つだけで十分だ。一昨日は、これで Rも最後との思いで、サウナも入ってきて色々とお世話になった Rとのお別れの日だった。今後は、無料開放日以外は行くことはないだろう。

Vintage Crystal - Wine, Tapas & Jazz Festival