にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

鳴かないホトトギス問題

各国首脳が集まると北朝鮮への非難声明の類ばかりで進展がないようにも思える。中国が特使派遣で事態の沈静化できれば国際的な存在感は著しくますようになるだろうし、水面下で交渉では米国はやはり大きな影響力を持つ国である。日本はキャンキャン騒ぎ立てることくらいしかできないのだろうが、ともかく今後もこのまま何もない平和の状態が続くことを期待したい。

彼らはこのところ静かであるが、これは鳴かないホトトギス問題と言えるだろう。織田信長豊臣秀吉徳川家康的な態度として良く例示される。


鳴かねば殺すホトトギス
鳴かせてみようホトトギス
鳴くまで待とうホトトギス

 

私なら、

鳴かなくても良いよホトトギス

と言いたい。鳴くまで(そばに付き添って)待つわけではない。ホトトギスには冷たく映るかもしれないが寛容な態度と思う。( )内は、お暇な方なら良いが、そんなことに時間を費やしたくない。鳴きたければ鳴く、鳴きたくなければ鳴かなければ良いというのが、私のスタンスだ。おそらく、アドラー先生も、相手を操作の対象として、あるいは道具として扱わない寛容な態度をされるのではないかと思っている。

 

でもこれは、ホトトギスなら何をしようが問題ないからである。ホトトギスは私達に危害を加えない。でも、ホトトギスが私の生存を危うくする攻撃をしてくるなら別だ。この後は、アドラー派でも態度は別れるかもしれない。

 

言うことを聞かねば殺す的な態度がアメリカだろうか。最後は武力制裁という手段を使うことになる。
鳴かせてみようが、今の制裁のアプローチだろう。本当に動くかどうかの実験が現在進行中だ。
鳴くまで待とうは、対話重視、対話で解決できないことはないというアプローチだ。その裏には、人は必ずわかりあえるはずという信念がある。
私はその信念は疑問だ。人は、どんなに親しくなってもわかりあえない。親しくない人に対してはなおさらだ。おそらく、その場合の答えをアドラー先生も持ち合わせてはいないのではないだろうか。アメリカの仕掛けた実験を見守るしかない。
hototogisu

デスパレートな妻たち

アマゾンプライムビデオで、ドラマを見ている。アメリカで2005年から2012年まで評判になった連続ドラマ「デスパレートな妻たち」である。テンポも良く、映像も洗練されていて、私も最初は面白くて暇さえあれば見ていた。アメリカの郊外の住宅地の豊かな人たちの住む暮らしぶりを見ているだけで楽しかった。40年以上前にサンディエゴにホームステイしていた時の周囲の人たちの豊かさがこのような感じであったのも思い出した。カルチャーショックが大きくて、彼等の友人関係、夫婦関係、親子関の深みまでは知る由も、情報処理能力を超えていたのだが、まさにこんな感じだった。

英語も明瞭で字幕なしでもよく理解できるくらいに思えた。スラングも多いが、こういうドラマを見て訓練していると、日常会話は不自由しないでアメリカ生活にもより深く溶け込めていけただろう。

でも、他の方のコメントにもあったが、アメリカ的価値観というか態度というか、醜いので私も嫌になってきた。損得勘定での行動があまりにエゲツないと思うくらいだし、感情表現も強調しすぎ、堪え性なさすぎといったところが鼻につくようになった。このドラマの中だけでも人を殺したがるのも短気の判断しがちな悪いところだ。エピソード3の50本まで見て、もう降参である。やはり、ゆったり穏やかな日本の暮らしや人間関係の方が私の老後にはふさわしいと思うが、他の連続ドラマに関してはこの「デスパレートな妻たち」と比べると、冗長でどれも物足りなさを感じてしまう。エピソード1までなら、お薦めといえるだろう。

f:id:Miketoy:20171119131725j:image

エアコン暖房は人を追いかける

このところ寒い日が続いている。昨日はこの冬で初めてエアコン暖房を入れた。朝起きて最初はそれほどでもないのだが、5時から6時近くになるとだんだんと底冷えしてくる。室外は7度、室内14度であった。一応、室温16度をエアコンオンの目安としているから、もうつけても良い頃だろう。

このエアコンは、AI機能つきである。導入時に検討したポイントはそれで、その機能の最も優れたものに思えたのが日立の白くまくんシリーズだった。ひと識別ということで、部屋にいる一人ひとりの在室時間と、体感温度の変化を見守るという。冷やしたり暖めすぎないように上下左右風向板と目標にする温度を調整するらしい。エアコン本体価格は高めだったが、長く使うのならば、1年あたり費用は平滑化されて、それほどでもないだろうということで。居間にいると、ちょっと別の場所のモノを取りに行ったりする頻度は多い。するとAIカメラで人を追いかけて、そこに暖気を送ってくれているような気がして心地良い。

あともう1つ期待しているのは、床暖機能だ。足もと温度を36度位にするよう暖気を送風してくるようだが出番はまだだ。床暖房がエアコンにより代替できるとしたら、大掛かりな設備が不要になり、コスパも優れて画期的である。

やはり暖房の電気代が冷房より随分かかるなという印象であるが、データは収集し始めたばかりなので、後日にまた整理して記事にしたい。

 

(エアコン成約時に、下の白くまくんのぬいぐるみを可愛いのでもらったが一度も開けていない。猫に小判。欲しい人は探せばいるのだろうからプレゼントしたいが、こういう装飾品を貯めておくと不用品だらけの家になるので注意が必要だ。) f:id:Miketoy:20171120172421j:image