にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなアクティブシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

うどん店100制覇の道は遠い

日々の生活

さぬきうどんは、店ごとに個性があり、それなりにどこも美味しい。身近なところに名店が数多くあるのは、とても恵まれたことだが、このところペースが落ちてきた。標準的なうどんとトッピング系だけの食事となると、野菜不足で栄養のバランスは課題だが、三食うどんではないから、1日の食事において適正量を調整すれば良いだろう。

 

「あしたさぬき」というローカルブログにも登録した(http://ashita-sanuki.jp/_t11)。そこを見ると、うどんの食べ比べブログでは、素晴らしい、うどん博士的ものも多々ある。私のような記事は埋もれてしまう何の個性も深みもないブログだ。私はこの道でのエクスパートになろうとも思わないから、今後も今の程度か。うどん屋通いは週に一回が良いところか。そうなると、年間で52週だから、さぬきうどん名店100を巡るには、一品とっただけでも2年近くかかることになる。異なるメニューも試したいし、美味しいところは何度も行きたいから、制覇への道は遥か遠くにある。

 

3/14「綿谷」, 肉うどん。丸亀がルーツのようだが美的にも、味的にも優れている。アジフライと。肉うどんは関東ではあまりポピュラーではないと思うが、牛スジ同様に美味い。今後に迷った時は肉うどんを選びたい。

f:id:Miketoy:20170322073520j:image

3/15「さか枝」,中が小の値段の50円引き、うどんは美味いが、この牛スジはイマイチ(上原本店が私的にはベスト)だ。

f:id:Miketoy:20170322073512j:image

3/22「うどんバカ一代」の釜バターうどん。ゲソ天がでかい。ツユは濃いめだった。

f:id:Miketoy:20170322113553j:image

大塚国際美術館への旅

徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に行ってきた。設備、コレクション、陶板技術とすごい!
とはいえ私は美術のセンスに欠けるから、正直に言うならば良くわからない。ゴヤの家の「裸のマハ」、「着衣のマハ」も服を脱いだのが左だねと言うくらいである。花よりダンゴ、美術館よりランチである(笑)。

f:id:Miketoy:20170320183334j:plain

f:id:Miketoy:20170320183338j:plain

鳴門のルネッサンスリゾート鳴門「彩」で徳島の割烹料理をてんこ盛りでとった。郷土料理で美味しかったが、その後に、全く釣れなかった釣り堀30分体験と、展望大浴場で入浴、そしてデザートである。満腹が解消されないうちにお茶の時間、三段のショートケーキはボリュームたっぷりで胸焼けして、気持ち悪くなった(笑)。 私にとっては釣り堀はどうでも良かったが、お近くの方には、お勧めしたい1日日帰りコースの旅だったと思う。

renaissance-naruto.com

f:id:Miketoy:20170320184451j:plain

f:id:Miketoy:20170320183350j:plain

電気プランを変えて生活モードは変化

日々の生活

Electric beehive 

電気の使用量のお知らせが来て、少ないのに驚いた。一ヶ月で62kwhである。エアコンも給湯もしていないとは言え1456円、電力量も戸建てだった時の1/2くらいだ。ガス料金の2823円と併せても4279円と、光熱費が約半分に抑えられているのは驚きで、今後の推移は興味深い。

以前はオール電化の電化上手の契約プランで、深夜電力はkwh約10円と昼間時間帯の半分以下と安かった。だから、風呂のプラズマイオンクラスタ乾燥、食洗機、給湯の追加分などは予約タイマーなどで深夜時間に作動するよう時間シフトで利用した。掃除機や調理も私の関係したところでは、その深夜時間帯でコトが終わるように利用していたものだ。今は、その時間帯制約のタガが外れたので、だらだらと使っている。オール電化をしていないし、太陽光発電をしているわけでもない。四国電力での家庭向け実質の選択肢は、従量電灯Aと電灯Bプラン、そしてホリデイeプランだけのようなものである。

ライフスタイル的に変わったのは洗濯時間帯である。以前は朝に洗濯をしていたが、今は風呂の終わった後に洗濯、そして夜のうちに干す。

ケチが身についている人は、電気プランによって日々のライフスタイルは変わってしまうものだなと思うが、オール電化プランになったら元に戻るだろう。そうでない大らかな人は、そういうことが気にならないのだろうから、ある意味では羨ましくもある。今後は、新電力会社なども検討したい。