にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

マンションでのささやかなガーデニング

住み替えでマンションに移ったので、趣味のガーデニングができにくくなった。でも、積めるだけということで、引越の第一陣で助手席足下に置ける3鉢だけを持ってきた。

f:id:Miketoy:20170218115344j:image

陽がどの程度差し込むか不安だったが、写真のようにベランダにはスリットがあり、ほぼ一日中陽があたる箇所があったのは幸いだった。それから1カ月経ったが、植物たちもこの気候と空気の薄さ?にも慣れてきたと思う。冬のジュリアンは花もちが良いので嬉しい。あと1月半程度、この体型を維持し続けてほしい(追記: 4/24 力尽き果てました)。マンションの内部空間だけで暮らすとなると、やや息苦しいので、鉢という閉じられた細々とした世界でながら、ささやかなガーデニングができるのは嬉しい。土やゴミが下の階に落ちないように気をつけねばならないが、花の手入れしていると癒される。好条件と考えられる点は、高い階に住んでいると害虫も来にくいのではないかとも思ったが、それはこれから検証していこう。

f:id:Miketoy:20170311091921j:image

毎週見続けていたNHK趣味の園芸」のテレビ番組も、ガーデニングブログも、マンション暮らしになって徐々に遠く感じるようになってきた。この4月からは、ブログ登録している「庭・花壇作り」、はてなブログの「植物」から、カテゴリー登録の見直しをしよう。記事は一層少なくなるだろうし、もうこの分野から撤退の潮時であると思う。

国内ロングステイ気分

この頃、どこに出かける時にも持ち歩くものは、タブレットガラケー、それにWiFiルーターのWimax2と市内の地図とうどん屋マップと後者3つも加わった。方向感覚は、このところボチボチ身についてきたようだ。後に地図を見ながらここは通ったかとか立体空間をイメージしながら反芻するのは楽しい。

昨日は近場であるが、香川県7号線、塩江の山を越えて徳島県美馬市うだつの街並みを見に行った。知名度は高くないが、良い街並みだった。下記は、1792年創業の藍商の館、吉田家住宅。後の右奥には吉野川が垣間見える。

f:id:Miketoy:20170313164622j:imagef:id:Miketoy:20170313164636j:image

お昼は香川県に戻って438号線、うどん屋、谷川米穀店を目指して行ったが臨時休業で残念。次点は同じく帰路にあるかまたまで著名な山越うどんに行く。釜あげたまご山かけうどんの大、ちくわ天を注文。いつまでも絶えない行列がすごい。うどんは美味しいが、トッピングが1つだと私にはランチには少し物足りない感じ。また、その後にいつも甘いものが食べたくなるのも難だ。f:id:Miketoy:20170313174142j:image

毎回のうどんツアーは、各店それぞれ特徴があって旅行のようであり楽しい。私の元気なうちに高松生活はうどん100店を制覇する、(海外ではないが)ロングステイのようなものだ。10年以上は高松の地で、今のように元気で楽しみ続けたい。

ボケていないで良かった

家のリフォームを検討中である。キッチンの入れ替えで、有力メーカーであるTOTOとクリナップのキッチンを見に行こうと思って車で行くことにした。手元にある昭文社の16年前の一覧性の良い大判の地図が古いのは理解しているので、マップアプリが頼りだ。GoogleマップAppleのマップでは、すぐ近くの通り沿いにあるようだと、通りの目星をつけて行ったが、見当たらない。おかしい。何度も近くをグルグルと回った。Google Earthのstreet viewであとで振り返って、こんな所はなかったはずだ。いくら何でも、こんな青い大きな派手な看板を見落とすはずはないと不思議に思っていた。今までも、この手の勘違いはしていないし、どうみてもおかしい。でも、その日の健康診断で、低音が難聴気味だと診断されて傷ついていたのだが、ボケまで来たか?とすらマジで思ってクラくなっていたのだ(笑)。別の頼り情報から、そこからかなり南下したところだとわかった。 f:id:Miketoy:20170311162750j:image

しかしわかった。高松のショウルームは、半年前に場所を移転したのだ。何と、クリナップもだ。そんなことで、同乗していた妻にもしっかり見ていろ!となじり人間関係を悪くした。現実はネット情報より勝るということだろう。我が家の旧家のGoogleマップも一年以上前の写真のままであったことを思い出した。現実よりもマップアプリを過信し過ぎていた。営業に関係するウェブのアクセスマップはともかく、この手の情報は決してリアルタイムではないことに留意すべきだと反省した。

キッチンの仕様決めも大詰めだ。リフォーム会社も決めて、管理組合にも申請書を提出して、受理の見込み。こちらも一安心だが、ボケていないで良かったと、さらに一安心だ。