にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

尾瀬と高尾山が近い

西日本豪雨での山崩れで悲惨な状況を目にしている。山の近くには住めないなという印象だが、それはさておき、尾瀬も高尾山もある地はどこか。知名度は圧倒的に関東のそれをイメージする人が多いだろうが、言いたいのはそれではない。香川県だ。漢字は同じだが、読みが異なる。東京都八王子市にある「たかおさん」599メートルではなく、「たかおやま」495メートルだ。尾瀬も、群馬の尾瀬沼にある「おぜ」の至仏山は2228メートルだが、香川県では「おのせやま」577メートルである。県内のどの山も、ほぼ日帰りで山頂まで往復可能だが、下記の本に紹介されている。

改訂版 香川県の山 (新・分県登山ガイド 改訂版)

我家のリビングのソファーに座って南側の外を眺めると讃岐の山々が見える。一番手前の山は、200〜300メートルクラスの低い山だ。最初にこの地に来た時に、このようなおむすび型の低い山に、なんかふざけているのでは?とビックリしたものだが、香川県でよく見られる独特な山々の形状だ。見慣れると、とても安心感をもたらす風景になる。山並みは3層になっていて、最奥の層がさらに20〜30キロメートル先に見える徳島県との県境、最高峰の1060メートルの竜王山と第2の高峰の大川山(だいせんざん)の2つを含む讃岐山脈だ。f:id:Miketoy:20180619171036j:image東方向に眼を移して、転居して初めて朝日が昇るのを見た山々の景色がこれだ。

f:id:Miketoy:20180627203757j:image

当初は、山が5つあるともみれるから、五剣山(八栗山)なのかと思っていたが、そうではないようだ。五剣山は375メートルとこの辺りでは高い山で もっとゴツゴツと集中した山であり、遭難して亡くなる方もいるから油断は禁物。ここよりさらに北の屋島の先の方向にあり、我家からは見れない。

この低い連山は、名もなき山と見なされているかもしれないが、きちんと名称はある。地図を見ればわかるのだが、200メートル級の日盛山、五瀬山、雲附山、立石山、石鎚山でないかなと思われる。

あそこがあの山で、その隣の山がこれこれと私が言っても、地元香川県出身の妻は、この手のことに全く関心がない。香川県で知っている山も増えてきたのだが、地図を片手に、標高や自宅からの角度や距離から山の名称を推測するのは楽しいし、やはり私は地理好きなのだろう。

小学生の時に地理を学んで、日本の他地域、そして世界という大きな世界のあることに、地図を頼りに風景がスケッチできることに感動したものだった。だから、Google Earth や 下写真のAppleのマップの3Dなどのアプリは、その手掛かりになるし、飛行機に乗ればそれをリアルに確認できるので、とても興味深く思うのだが。

f:id:Miketoy:20180706154231p:plain

地図から多くのことが推測できるし、目隠しになってしまうマンションまで考慮して風景を予測できることは人類の叡智で素晴らしく、ただただ凄い!と感動する。地図は、その図面により全貌を素早く把握できる設計図のようなものだ。今までの私のキャリアの建築でも情報システムの設計でも基本設計やデザインには惹かれた。もちろん人生の設計図、特にマネープランの設計図においても同様で、共通していることに気づいた。実行すること自体よりも、絵に描いた餅の「絵」を作ったり、それと戯れるのが好きなのである。

視界は10キロメートル

西日本各地の大雨で甚大な被害をもたらした。やはり、自然災害は恐ろしい。雨で視界の悪い状況でもあった。視界は、山や建物などにさえぎられずに見える範囲を意味する一般用語であるが視程という専門用語もある。気象庁では、大気の混濁の程度を表す量で,目視観測で適当な目標が肉眼によって認め得る最大距離をそういうようだ(気象庁の過去データとして、地域ごとの時間帯別の視程距離が記録されている)。ほこりや微小水滴が地面付近の空気中によどむため視程が悪いし、黄砂のために視程が悪くなることが多い。視程は距離で表すのが最もよいが,適当な目標物が得られないことが多いので,0(0〜50m)〜9(50km以上)の10段階の視程階級を定めている。

高さがある程度は必要だし、気象条件にもよるのだろうが、以前に東京圏にいた時は、150キロメートル先の富士山が冬の底冷えする朝などでは見られた。それは視程9だったということだ。今の地の天気が悪くても何とか見える日常の視距離では、木々の存在がわかり稜線が識別できる程度として、10キロメートルくらいだろうか。私の視力の問題もあるのだろうが、それ以上は霞んでよく見えないが、経験的な目安になる。

f:id:Miketoy:20180627152504j:plain

下記は昨日の四国新聞の不動産のチラシの切り取りだ。航空写真だと、障害物などのイメージがわきやすい高松市の中心部を一望できることが多い。高松南部の山の方ならまだしも、街中を超えて瀬戸内海まで眺められる環境はかなり恵まれたところでないと難しいが、写真を見てわかる通り、高松市はマンションが多いから探せば、そのような好条件のところはあり得る話で、私も遭遇したことはある。

f:id:Miketoy:20180707171652j:image

大雨警報でもバイクでエアロへ

大雨警報も出て、各地で土砂崩れが相次ぎ、避難勧告や避難指示が出されたところもある。今朝6時の全国ニュースを聞いていても、割り込みで四国のローカルニュースの避難情報が入るくらいだ。下記はケイタイへの避難情報で、一昨日から立て続けである。f:id:Miketoy:20180707061406j:image

昨夜も深夜1時と3時の2回、警報がなって起こされた。内容はこんな感じである。f:id:Miketoy:20180707061441j:image

 

ネットで調べると、避難に対する考えに空間軸、時間軸の観点と避難先の3つ観点があるとしている。個々の要素は下図で出尽くしている。f:id:Miketoy:20180707061921j:image

垂直避難は頑丈な建物の2階以上に避難すると良いというのだが、地震を含めた災害でも、マンションに住まうということは安心だ。外出せずマンション内に留まっているのが最も安全と言えるのだろう。私は外出時に(上図の屋外例)、その手のことに遭遇すれば、とりあえずは近くのしっかりとした作りのマンションに逃げ込み、次に来る救いの手を待つと思う。

 

さて、そんな警報の出ている中でも、スポーツクラブでエアロビクスをするために、(昨日もそうだが)仕事を終えてバイクに乗って出かけた。この頃は、どんなに厳しい土砂降りの雨でも、レインコートを着て、目的地まで行くようになった。電車に乗らないこともあるが、傘をさす頻度は桁違いに少なくなった。今の時期は冷たい雨ではないので、びしょ濡れになっても不快さは相対的に少ない。道路は整備されているものの、普段より滑りやすいことを十分に意識して注意して乗らねばならない。当地の今日からは小降りになっていく模様だ。各地でも大きな被害が出ていないことを祈りたい。

Keeping Dry