にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

老後を不安にさせる子の甘やかし

Crisps in Birmingham

最近の親は子を甘やかしがちで、それが彼等の老後を不安にさせる一大要因であると思う。虎の威を借る狐のようで情け無いことだが、私の意見だけでは説得力に欠けるようだ。そこで他者の発言などを引用するわけだが、それは自ずと思想に共鳴する人のそれとなる。例えば、著名なブロガーである ちきりんさんの半月前の発言である。

お小遣いとは何だろう。そんなものあげるか?、携帯代の無条件負担もそうだが不思議で仕方ない。学生のうちの親からの仕送り額と考えれば納得はいくが、甘やかし分を自分の老後のために貯蓄しなさいと言いたい。

私の場合は子達へ、授業料や教科書代は別途とし、月の仕送り額は恣意的要素を少なくするため、日本生協連の親からの平均仕送り額を目安にしていた。不足するならば、周囲と同じように自分でバイトなり何なりで稼ぎなさいとした。だから、タバコ代は却下、車の駐車場代も、親の私が認めていないので却下、自分で何とかしなさいと突き放した。それが功を奏して、以降は何とか自分で賄い続けたようだ。息子の下宿生活であった時は月11万円振り込んでいたと思うが、この10年近くの調査での仕送り額はは7万円強に下げどまりしているようだ。さらに4万円不足で、住環境も生活レベルも不変だと補填分のアルバイトなどで、生活が苦しく大変だろうなあと思う。

私の親は、自分が戦争などの厳しい状況で育ったから私達子にも同じように甘やかさなかったと言うが、それは一理はある。でも私の親はあまりに行き過ぎだと思ったので、自らの子達に対してはその方針を随分緩めたつもりだ。その私の子育ては成功したかというとわからない。どちらかの2択ならば失敗であったと言わざるを得ないだろうが、ともかく甘やかさない方がサバイバル力は育成されるはず。そのサバイバル力がついたという点に関しては、生前には言わなかったが親に感謝している。

話を戻して、子が大学を卒業して、これで仕送りをしなくてよいとなると、親視点では自らの身は急に楽になったことを思い出す。それ以降も、私は同じ生活費レベルをキープして暮らしているので、差し引きの浮いた分は丸々貯金でき、老後不安を払拭できたというわけだ。あればあるだけのお金を使ってしまうという人も少なくないようだが、それでは老後の差はつくのは必然ではなかろうか。

電気代が安く済んでる

電気代の請求書が来た。「ソフトバンクでんき」なので、1ヶ月遅れ(5/15〜6/12分)のデータでの請求である。年間で最も少ない電気消費量の時期で、この月の消費電力は120KWH、平均1日で4KWH、料金換算では100円足らずとなる。実際には基本料金との組み合わせで、やや複雑な料金体系となり、1KWH料金は1段目は約20円、2段目では26円、3段目は30円だが、1段料金だけで収まったのは、今回が初めてかもしれない。f:id:Miketoy:20190712171722j:image

多分、ここに引っ越してきて最安値、料金的に最も割安な段での範囲だけで収まっている。もっとも、節電を意識し、それを目標にして行動していたわけではない。結果がああそうなのねというだけである。

その主要因は天候である。晴れまたは曇りの日が多かったためと思われる。この間は天気が悪いと乾燥機を使用するが、それがなく基本部分のみで済んだためだろう(それがあれば、さらに 2〜3kwh超えたピークが出るはず)。それは、上記の「ご使用量をグラフでみる」をタップすると下記のように表示され、ほぼこの間通して1日の消費電力は約 4kwhとわかる*1からだ。

f:id:Miketoy:20190712171733j:image天候が曇りでも洗濯物を外に干しそれで乾けば、結果的に電気も消費しないが、雨の時は乾燥機をかけたい。できるだけ、自然のままの、天日干しが心地よいと思っているのだが、料金が高いからやめようとは思わないのは、生活の質が低下するからで、この際にコインランドリーの料金はどのくらいか知らないのでチェックしてみた。

18kg前後の容量で500円~600円が相場です。ちなみに、1人あたりの1日あたりの洗濯物の量は1.5kgくらいといわれています。

コインランドリーの乾燥機の料金については容量14kg前後で10分100円、容量25kg前後で6分~9分100円が相場です。衣類やタオルなどであれば30分~50分あれば乾燥できますので、トータルの乾燥機代は300円~500円くらいが相場と考えておけば大丈夫でしょう。

この記述で比較すると、自宅での浴室乾燥機を使えばとても安いことがわかる。エコモードでは時間は9時間要するが、1日1回で約3KWHの消費電力、料金的には一回あたり100円かからない。この選択に限らず、食事にしても同様だが、自分でできることは安易に外注などせずに、自力でこなすことがエコなライフスタイルにつながるのだろう。

*1:以前に考察したデータと照らし合わせると、この時期では75%が冷蔵庫、残り25%が洗濯機、食洗機、電灯、テレビであり、エアコンはまだ未使用

ネットは高速でなくとも中速で満足!

インターネットで高画質な動画や高音質な音楽をストリーミングで聞いていたりする人は増えている。その種のサービスは金を払っているのだから良いだろうという考えはあろうが、し放題で良いのだろうか。高速道路が皆が利用するのと同じようなもので、その料金は当然支払うものの、インターネットも今や公共性の高いものの一つと言わざるを得ない側面があるのでどうなのだろう。私の思うに、食料品と同じでフードロスを少なくするのと同様に、お金は払うものの、残さず使い切るのが世の中全体のためには望ましいのではないか。音楽などは高速道路のネットを使わずにローカルで聴くものではないかなと思うし、高画質・高音質でなくとも中画質・中音質、いやミニマムのライフラインとして低音質・低画像ではダメだろうか。画質と音質に加えて多くの人が高速ネットに接続する傾向にあるが、果たして中速ではどうなるだろうか。

Highway to hell

私のところはインターネット接続を先月までのWiMAX2から、月額1980円のUQモバイルのデータ無制限プランに変えたばかりで、中速を試みている。お試し期間で制限のかかった低速の200kbps以下では辛かった。契約した仕様では 500Kbpsが最高の速度のベストエフォートということだ(単位がメガなので、下の写真では 0.50 がその速度に相当する)。この数日間、利用する度に見ていると、ダウンロードの実際の速度は 200~500Kbpsの範囲、平均すれば 400kbps位だろうか。YouTubeも、時々止まるが一応見られた。高解像度の写真の多いブログなども写真表示には時間はかかる(其れを受け容れられるかが選択のポイントとなるだろう)。一方で、アップロードはほぼ400kbps以上がいつも出ている。今後もこの程度が保証されるならば、月額料金2000円低下分の価値は十分にあると思う。今後に月額料金が下がるのを見るのは楽しみだが、No pain, No gain 痛みなくして得るものなしで程々のところを探り当てるプロセスは楽しい。今回がまさにそれだ。

f:id:Miketoy:20190714125913j:image

前の高速ネット接続は、猫に小判で無駄遣いをしていたと今では思う(笑)。でも世の中には高速で慣れると遅い速度に後戻りできない贅沢病に冒されている、あるいは通信料を無駄に払い続ける人も多いご時世、そういう人達の冗費の存在で世の中は回っているかも?であり、難しい問題でもある。