にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

エコ

エアコン代 月1500円生活のポイント

内閣改造で、小泉進次郎氏が環境大臣となった。堅く古い体質の日本の組織風土に風穴を開けるのではと、少し期待を抱かせる。さて、この数日、私の住む高松では猛暑日が2日、そして熱帯夜も6日連続、今朝も続いていると思う。同じような厳しい高温高湿な環…

エコ生活はオートマチックを辞めること

エコな生活をするにはオートマチック思考を辞めることがポイントと思っている。自分でできることを安易に委託業者などに丸投げせずに、自分のアタマでや考えながら地球に優しい生活をすることだ。7年前の当時「何も考えずに節電」というCMがあり、こんな記…

エアコンの設定のポイントがわかってきた、24時間で37円

エアコンの設定で試行錯誤を続けている。ここでは部屋の温度湿度計で「実際に計測した実温度」を以下では、室温とし、同様に湿度を基準に考えたい。エアコンの設定温度と室温は(時間をおけば)同じになるはずだが、エアコンの機種によって設定温度と定常時の…

ミニマリストはエコでない

ミニマリストには敬意を払っている*1。一時、熱を入れて啓蒙書などを読んだりしたが、細かなところはもう忘れてしまった。この頃はブログの他者のミニマリスト関連の記事でああそうだったなあと思い出す程度だ。そこでは自らミニマリストを謳う人は少なくな…

暑さへの覚悟、あと40日我慢!

今朝の新聞で知ったが、県庁所在地で降水量の一番多いのが高知市で、年間約2500ミリ、高松市は少ない方から2番目で年間約1100ミリと、同じ四国地方でもかなり違っている。今日も高松市は曇り、他の四国地域は雨マークのついた曇りである。週間予報でも、し…

3割を占めるフードロス

高松市が初めて実施した食品ロス実態調査によると、市内の家庭ゴミから出された可燃ゴミのうち、14.3%が食べられる状態で破棄される食品ロスだったことがわかったそうだ。1日1人あたりのごみ排出量換算すると869グラムだそう。ちなみにエコピープル…

もう一度、エアコン温度設定の話

またまたエアコンの温度設定の話。エコピープル の私の基本方針を整理しておこう。環境省の「家庭でできる節電アクション」で次のように書かれている。 室内温度は適温に保つ夏の冷房時の室温は28℃を目安に、冬の暖房時の室温は20℃を目安にしましょう。夏の…

空き部屋、空き駐車場は問題?

お金を十分に持って冗費もある人達を主たる対象として商売するのは、多くの場合に効率的な進め方である(だからその手の凶悪事件は、しばしば起こる)。会社員時代に優秀なセールスマンについたことがある。彼は、お客さんが金を持っているかどうかを嗅ぎ分け…

取材される立場になる

一昨日に家をすっきり見せるようにしたのはお客さんが来たから。そのお客さんは、 Forward to 1985*1という 賢く楽しく進めていく省エネを目指す非営利団体の理事と事務局である。2時間近くエコに関する話題や思想を話す機会があったが、そもそも我家に白羽…

今冬のエネルギー消費は月約4千円

2月も下旬になり、陽射しも春っぽい雰囲気になってきた。朝起きた時の自宅の室温も14度くらいで、寒いのは朝の数時間。夜は調理をしたり電気をつけたりで、また昼の陽射しの温もりも残っているから、湿度も関係するのだろうが比較的暖かく感じる。14度…

賛同できないと相手は去る

ジモティのネットワークを使い、先日にコンポストを譲った。私は無料で提供で、お返しなど期待していなかったのだが、お礼として家庭菜園で作ったという野菜をたくさん頂いた。多分、自信作をお持ち頂いたものと思うが、とてもありがたいことだ。相手方はそ…

エコは家庭内協力がないと進まない

私のブログの尖りは「エコ」であると仮定しよう。1人で暮らしている分には、生活の主導権は全て自分自身だから問題は起きない。これが複数人数で暮らしていると事情は異なってくる。日々の個々での暮らしは、自らの好みが強く反映するので、基本的価値観や…

尖っているブログは面白い

ブログであたりさわりのないことばかり書いている記事だと面白くない。だって、その人らしさがないもの。新聞を読んでいるのとは違うのだ。ニュースのコピー記事にしたってしかたないし、他者と同じような意見ばかりでは、書く意味も少なくなろうというもの…

コンポストから撤退

昨年の11月から本格的にコンポスト容器で生ごみの堆肥化を進めたが、成果が出なかった。試行錯誤は続けたものの、昨年末で生ごみを投入するのは分解されないのでやめた。でも、その後もかき混ぜは続けていた。すると2週間くらいして、生ごみはほぼ見えな…

ゴミ袋1つに500円負担を

昨日は年明け初めてのプラスチックごみの回収日だった。お正月で1週間あいたから2週間分の量なものの、あちこちのゴミ収集場で、通常の3倍近くの溢れんばかりのゴミが出ていた。可燃ゴミなどは通常の2倍程度であったので、量は多いもののの週あたりにす…

どんどんと潔く処分

年賀状を準備している人も多い時期であるとともに、粗大ゴミなどを出す大掃除の時でもある。断捨離の一環で、2ヶ月前にカートリッジなし状態で無料でプリンターを譲った。先方は年賀状で活躍することを期待していたようであった。譲った直後には、動きはす…

人工のエネルギーを使いたくない

今朝方にCOP24の温暖化対策の議論が採択されたようだ。昨日の午後は県の環境政策課 地球温暖化対策グループ主催の環境イベント 『気候変動講演会inかがわ「はじめよう!地球温暖化に”備える”くらし』に参加してきた。基調講演は、「香川県の気候はどう変わる…

コンポスト仕事の継続は大変

週に1回のプラスチックゴミ収集日の重量データを、この分野に目覚めた後にずっととっているのだが、0.35、0.4、0.5、0.4、0.45、0.2、0.4とほぼ0.4キロ 近くで変動は少ないのがわかった*1。ひと月は通常は4週間なので、プラスチックゴミは1.6キロ、ゴミ…

我家の環境家計簿

我家の家計簿(こちらは既に済)と同様に環境家計簿(情報源は環境庁にある)も公開したい。私は毎月集計しているわけでなく年に一度すれば良い位の頻度の大雑把な把握である。金銭の入出金管理と同じで、各家庭でのCO2の排出量を量ろうとするもので、各自がどの…

コンポスト化の行方はガッカリ

コンポスト容器を使って、チップ材と生ゴミを混ぜ合わせ微生物を活性化させ再資源化させようとする生ゴミ減量を試みている。期待していたのだが、コンポストに添付されていたマニュアルを見てがっかりした。コンポスト自体にがっかりしたわけではない。入れ…

ゴミ排出量は半減、我家のゼロウェイストゲーム

環境省 環境再生・資源循環局によると、平成30年3月の調査結果では、平均のゴミ排出量は上記のようだ。仕事先などでもゴミを捨てているだろうから、それを差し引いた7割が生活系としての家庭ゴミだ。1人1日当たり約600グラムの量が平均の目安となる…

1日350グラム、なぜか生ゴミが少ない

このところ、コンポストに生ゴミを入れ堆肥化させる関係で、毎日の野菜屑などを切り刻んで、またその重さも量っている。コンポストのかき混ぜサイクルが朝晩の2回なので、朝と昼夜分のゴミ量を体重計*1で量る。食後に切り刻むことやかき混ぜることは面倒で…

コンポスト購入、補助金も出る

上記の生ゴミ処理容器(コンポスト)を購入した。本格的なゴミ処理機は電気を使うので私の選択基準からすると論外であったので、当初は段ボールでの手作りコンポストでと思っていた。しかし、いろいろと必要なものの整備が大変そうだし、見栄えも重要なので、…

ジモティでリユース!

ジモティというサイトの存在は、フリーペーパーのミニコミ誌の記事で紹介され知った。「地元」とかけたネーミングだろうか。「必要なものを必要な人へ、あなたのいらないが誰かの役に立つ」わかりやすいキャッチコピーだ。指定された県を選択して中古品がな…

メルカリを使えばと反省

2年前の断捨離していた時に、最も迷ったものが名器と言われる MacSE/30 の処理だ。片づけコンサルタント近藤麻理恵さんの主張する、順番としては最も最後に回すべきカテゴリーの思い出品の1つであった。30年近く前の当時は、とてもときめいていて、存在…

ゼロウェイスト: ムダをなくす思想

ゼロウエイストをブログの説明に新たに挿入したものの、関連記事がないのは気にはなっていた。家庭の一般廃棄物、すなわち可燃ゴミの半分から7割は生ゴミだと言われる。以前に住んでいた市では、生ゴミとその他の可燃ゴミを分別回収していたので区別するの…

節約ブログは息苦しい

基本生活費の食費は目に見えやすい出費だが、井戸美枝さんの「100歳までお金に苦労しない定年夫婦になる」本では、食費を削る節約、例えば夫婦2人で食費3万円とかの生活は反対している。私も同様に、食費に切り込むのは最後に近い削減対象だと思うし、その…

3Rでなくて5R : 嫌われる勇気を持って拒否

(昨日の記事に関連した続きでもあるのだが)今年読んだ本の中でベストを選ぶとなると、「ゼロウェイストホーム」になる。ここ数年で読んだ中でもベストと言えるが、そのポイントになるのがこの図である(英語版kindle サンプルから画面コピー借用)。 必要なも…

久々に良い本に出会った「ゼロウェイストホーム」

このところ感動するような本に出会わないなあと思っていたが、久しぶりに出会った。ベア・ジョンソン著の「ゼロウェイストホーム」である。 ブログ村のエコのカテゴリーで(私はランキングをどんどん下降中(笑)だが)、上位ランクに位置してきた人でゼロウエイ…

エアコン代は夏冬で左右対称

北海道に旅行中の我家での1日あたり電気消費量は約3.7kWhあった。旅行中の家でも電気は消費している。夏にどのような要因でどのくらい消費するかを考えるヒントになるグラフが電気保安協会の冊子にある。内容は容易に想像できるものだが、エアコン58%、…