にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

エコ

ゴミ袋1つに500円負担を

昨日は年明け初めてのプラスチックごみの回収日だった。お正月で1週間あいたから2週間分の量なものの、あちこちのゴミ収集場で、通常の3倍近くの溢れんばかりのゴミが出ていた。可燃ゴミなどは通常の2倍程度であったので、量は多いもののの週あたりにす…

どんどんと潔く処分

年賀状を準備している人も多い時期であるとともに、粗大ゴミなどを出す大掃除の時でもある。断捨離の一環で、2ヶ月前にカートリッジなし状態で無料でプリンターを譲った。先方は年賀状で活躍することを期待していたようであった。譲った直後には、動きはす…

人工のエネルギーを使いたくない

今朝方にCOP24の温暖化対策の議論が採択されたようだ。昨日の午後は県の環境政策課 地球温暖化対策グループ主催の環境イベント 『気候変動講演会inかがわ「はじめよう!地球温暖化に”備える”くらし』に参加してきた。基調講演は、「香川県の気候はどう変わる…

コンポスト仕事の継続は大変

週に1回のプラスチックゴミ収集日の重量データを、この分野に目覚めた後にずっととっているのだが、0.35、0.4、0.5、0.4、0.45、0.2、0.4とほぼ0.4キロ 近くで変動は少ないのがわかった*1。ひと月は通常は4週間なので、プラスチックゴミは1.6キロ、ゴミ…

我家の環境家計簿

我家の家計簿(こちらは既に済)と同様に環境家計簿(情報源は環境庁にある)も公開したい。私は毎月集計しているわけでなく年に一度すれば良い位の頻度の大雑把な把握である。金銭の入出金管理と同じで、各家庭でのCO2の排出量を量ろうとするもので、各自がどの…

コンポスト化の行方はガッカリ

コンポスト容器を使って、チップ材と生ゴミを混ぜ合わせ微生物を活性化させ再資源化させようとする生ゴミ減量を試みている。期待していたのだが、コンポストに添付されていたマニュアルを見てがっかりした。コンポスト自体にがっかりしたわけではない。入れ…

ゴミ排出量は半減、我家のゼロウェイストゲーム

環境省 環境再生・資源循環局によると、平成30年3月の調査結果では、平均のゴミ排出量は上記のようだ。仕事先などでもゴミを捨てているだろうから、それを差し引いた7割が生活系としての家庭ゴミだ。1人1日当たり約600グラムの量が平均の目安となる…

1日350グラム、なぜか生ゴミが少ない

このところ、コンポストに生ゴミを入れ堆肥化させる関係で、毎日の野菜屑などを切り刻んで、またその重さも量っている。コンポストのかき混ぜサイクルが朝晩の2回なので、朝と昼夜分のゴミ量を体重計*1で量る。食後に切り刻むことやかき混ぜることは面倒で…

コンポスト購入、補助金も出る

上記の生ゴミ処理容器(コンポスト)を購入した。本格的なゴミ処理機は電気を使うので私の選択基準からすると論外であったので、当初は段ボールでの手作りコンポストでと思っていた。しかし、いろいろと必要なものの整備が大変そうだし、見栄えも重要なので、…

ジモティでリユース!

ジモティというサイトの存在は、フリーペーパーのミニコミ誌の記事で紹介され知った。「地元」とかけたネーミングだろうか。「必要なものを必要な人へ、あなたのいらないが誰かの役に立つ」わかりやすいキャッチコピーだ。指定された県を選択して中古品がな…

メルカリを使えばと反省

2年前の断捨離していた時に、最も迷ったものが名器と言われる MacSE/30 の処理だ。片づけコンサルタント近藤麻理恵さんの主張する、順番としては最も最後に回すべきカテゴリーの思い出品の1つであった。30年近く前の当時は、とてもときめいていて、存在…

ゼロウェイスト: ムダをなくす思想

ゼロウエイストをブログの説明に新たに挿入したものの、関連記事がないのは気にはなっていた。家庭の一般廃棄物、すなわち可燃ゴミの半分から7割は生ゴミだと言われる。以前に住んでいた市では、生ゴミとその他の可燃ゴミを分別回収していたので区別するの…

節約ブログは息苦しい

基本生活費の食費は目に見えやすい出費だが、井戸美枝さんの「100歳までお金に苦労しない定年夫婦になる」本では、食費を削る節約、例えば夫婦2人で食費3万円とかの生活は反対している。私も同様に、食費に切り込むのは最後に近い削減対象だと思うし、その…

3Rでなくて5R : 嫌われる勇気を持って拒否

(昨日の記事に関連した続きでもあるのだが)今年読んだ本の中でベストを選ぶとなると、「ゼロウェイストホーム」になる。ここ数年で読んだ中でもベストと言えるが、そのポイントになるのがこの図である(英語版kindle サンプルから画面コピー借用)。 必要なも…

久々に良い本に出会った「ゼロウェイストホーム」

このところ感動するような本に出会わないなあと思っていたが、久しぶりに出会った。ベア・ジョンソン著の「ゼロウェイストホーム」である。 ブログ村のエコのカテゴリーで(私はランキングをどんどん下降中(笑)だが)、上位ランクに位置してきた人でゼロウエイ…

エアコン代は夏冬で左右対称

北海道に旅行中の我家での1日あたり電気消費量は約3.7kWhあった。旅行中の家でも電気は消費している。夏にどのような要因でどのくらい消費するかを考えるヒントになるグラフが電気保安協会の冊子にある。内容は容易に想像できるものだが、エアコン58%、…

湿度表示はどれも怪しい

このところ湿度の高い日が続いている。温度は何とか現状から数値的にも予測できるものの、湿度というものはどうも直感的によくわからない。100円ショップで買う温度湿度計はアナログ表示で、表示される数値が皆異なるが、価格がその程度だから致し方ない。 …

1ヶ月24時間フル運転のエアコン代1500円

長い暑さのトンネルを抜けてやっと平年並みに近づいてきた。平年並みの暑さは結構涼しかったということに改めて気づいた。数日後はまた暑くなるという話だが、もう8月下旬、これならいけそうだ。寒暖差なくずっと少しづつの変化なら身体は慣れてくるし、暑…

涼しさのポイントは風

夏の季節は、百葉箱のような日陰の外気の方が、現代の家より一般的に言えば涼しいのは明らかであろう。その涼しいと感じるポイントは何かを考えたい。 暑い時の温度低下はエアコンの冷房で問題がないが、難問は湿度の高い時の除湿だ。私達の夏の不快具合は、…

夏のフル回転エアコン代は1日50円

日々、暑いのでエアコンをつけるのが当たり前になっているが、同年代ブログを見ると、未だエアコンに対して偏見を持っている人が多く見受けられるように思う。エアコンに限らないが、電気は機器の仕様によって多くの場合に使用量が推定できる。使用量がわか…

夜10時でも30度を下がらない。我慢?

昨日も最高気温は37度、今朝の最低気温は28度なはずだが、身体も慣れてきたのか過ごしやすい気がした。私が昨年こちら高松に来て驚いたこと。一つはそんな熱帯夜が1月半近く続くこと、そして夜10時まで30度を下がらないことはしばしばあることだ。…

エアコン設定温度を盲信することなかれ

猛暑日と熱帯夜の連続する本格的な夏到来だ。室内窓際で温度計を置くと35度を超えているし、1日で最も気温の低くなる6時の今でも31.5度ある。ウダウダと篭っていた昨日は、昨年のブログ記事を参考にしながら、今年エアコンを使用していて学習した3つ…

エコ度が上位1%から陥落!

環境庁は、家庭部門からのCO2排出量削減を進めるために「うちエコ診断」事業に取り組んでいる。ほぼ5年前に、当時の我が家の状況(戸建)を診断してもらった時の記事が下記だ。その時は年間のCO2排出量は573キログラム、100世帯中堂々1位で、エコピー…

エコ生活はウケない

ソニー生命保険による都道府県別の意識調査によると、「自分が倹約家だと思う」と答えた割合の最も多かったのが大阪(68%)、東京、愛知、鳥取、千葉、福井と続くようだ。浪費家だと思うは沖縄県がトップで44%だという。香川県は倹約家は 51%で30位、浪費家は…

2017年度太陽光発電のまとめ

ガーデニングだけでなく、太陽光発電ももはや関係のない私の日常となってしまい関心も薄らいできているが、確定申告で、売電分の申請があるので、辛うじて関係性を保ち続けている。完全ではないが、消費電力を上回る発電をしているので、自給率は100%、…

冬のエネルギー消費5000円増

やっと暖かくなってきた。今後も寒の戻りはあるとしても、極端に寒くなることはないだろう。今年の冬は例年より寒かったと思うが、朝の枕元で7度を切っていたことは1月、2月では何度かある。今まではもっと寒い所に住んでいたが、寝室で10度を少し切る…

冬の追加の寒さ対策

今年は秋から全国的に寒いようである。冬の暖かいことを私は大いに期待して高松市に来たのだが、今のところ期待外れだ。戸建と比べ冬は暖かいといわれるマンション生活なこともあって、もしかしたら暖房設備が要らないのではないかとすら想像していたのだが(…

スマートメーターに変わり30分毎の消費電力がわかる

2週間くらい前に、四国電力でスマートメーターに変えた。ユーザーとしては変わりはないのかなと思っていたが、電力の使用状況がわかることに気づいた。何もしなくてもというわけではない。四国電力の場合は、よんでんコンシェルジュに事前に登録しておくこ…

エコリフォームの臨時収入

臨時収入62000円が近々入る予定だ。二重窓の内窓エコリフォームの補助金である。エコリフォームは、窓の断熱改修、外壁、屋根・天井又は床の断熱改修、設備エコ改修のいずれかの必要要件を満たす工事をする必要がある。支払いなしの補助金はあり得ない…

夏のエアコンで気になる電気代

8月の電気代のお知らせがきた。7月中旬から8月中旬まで1ヶ月の消費電力は242kWhである。春先と比べて100kWhくらい多いが、最も大きな影響を与えているのは言うまでもなくエアコンである。 昨年迄は戸建で太陽光発電をしていたから、昼間のエアコン…