にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

ガーデニング

「育てる」から「増やす」楽しみへ

まずは、昨日の讃岐山脈を遠くに臨む、視線をやや落とした真横から見た我家のベランダガーデンの風景。コルジリネが聳え立っているとサマになる。通常視線での全貌はこちら↓(この他に2鉢)。 全体の美しさは5月をピークに6、7、8月とエネルギーが落ちて…

2020 6月の庭

我家の春のmiketoyガーデンということで、ベランダにある全12鉢の一つひとつの紹介である。 春の庭はベゴニアがメインであるが、もう盛りは超えたかなというところ。一つの鉢に、白2ピンク1の計3つの苗を植えて、計3鉢↓。 3つめ↑は鉢はやや大きいので、…

夏用花壇に模様替え

一昨日に地元のホームセンターで夏用の苗を購入してきた。上記写真のニチニチソウを22苗(@73)がメインで、他には自宅用にペンタス(@118x2)とコリウス2種(@65x2)と追加のベゴニア(@73x1)。 その一昨日の購入後は自宅での植込み、昨日は職場の花壇での植込…

2020 5月の庭

5月は多くの植物にとって美しく映える時期。私も嬉しいので、ガーデニングカテゴリーの記事も月に一回から数回に増えたりする。 今月あった母の日といえばカーネーション。朝日のあたっている左手前の新入り濃いピンクのミニバラも結構美形なまま花もちした…

出費を見ればどの程度自粛したか明らか

コロナ禍での出費を見れば、どの程度その人が外出を控えて自粛生活をしていたかは明らかになる。我家の先月の生活費は昨日の記事のように、医療費を除けば、夫婦2人で月に約12万円である。外出自粛をしているのは皆さんも同様なのだろうと思っていたが、…

2020 4月の庭

定例の毎月のベランダ庭風景。朝に窓のカーテンを開けて最初に目に触れる全体像 今、一番目立つのは宿根草の鉢。カーネーションの蕾が沢山ついている。その脇にはコロニアも花盛り。 輪郭のはっきりとした「絵になるすみれ」と、パンジーやファビュラスも元…

外出自粛でなんしょん?

外出自粛できょうなにするん? 讃岐弁の響きは柔らかいが、奥深い独特の世界があるように思う。「広報たかまつ」の今月号の市長のコラムで、その “なにするん” が出ていた。 何しおる?も聞くことがあるが、こちらは少し詰問調に私は感じる。以前の下記記事…

2020 miketoy春ガーデン、メンテナンスしたい

昨日までお彼岸で帰省していたので、息子に委ねているその旧家の最低限のメンテを終えた庭風景を。 前庭西ガーデンは、長らく主役であったドドナエアの勢いが衰えてきて元気がない。ミッキーマウスの木も精彩をかいて今にも枯れそうな雰囲気だ。一方で、アイ…

2020 3月の庭

3月の我家のベランダガーデニングの庭風景である。今年から月中旬の風景を披露している。 ↑絵になるスミレ。確かに中央部がシャープで綺麗。ファビュラス↓も同一種だろう。 ↓こちらは良くあるパンジー。 暖冬傾向なので、この種の花は例年より早く咲き始め…

2020 2月の庭

自慢できるほど美しくはないが、定例の月に一度、我家のマンションのベランダの庭風景。 アリッサムは立派だ。これは1苗から育てたもので、ここまで大きくなる。 先週末に花苗パッケージを購入した↓。左下にもアリッサムは4苗あるものの、こちらは今の時期…

2020 1月の庭

我家のベランダガーデニング。花の彩りは薄紫の "ファビュラス" と "絵になるスミレ" が中心。 アリッサムはもっと盛りになるはず 葉牡丹、このところ暖かいのでやや徒長気味だが色はきれいだ ストックはピンクとクリーム色がいつもの定番 シロタエギクは何…

2020年になりました

2020年になりました。明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。 元旦の風景には葉牡丹が似合います。 ベランダの鉢も今は葉牡丹が存在感を見せています。今年はどのような年になるでしょうか、期待したいです。

12月の庭風景

青空に白い雲、そして陽射しを浴びる愛する草花、遠くに讃岐山脈の見える私の好きな風景だ。 葉牡丹を自宅用に2週間前に購入(葉牡丹8@98)。 それとは別に、数日前に職場用にも購入してきた(¥1700、パンジー20@63、ストック6@73)。 どちらも植え込みを終えた…

11月の庭風景

今月になって花苗を購入してきた。冬バージョンのパート1である。庭仕事をしていると気持ちが豊かになる。 もう10日以上経つから、鉢の定位置に根付いたと思う。何らかのトラブルがあると、一週間以内に悪い兆候が見られるのは通常だから、養生期間も終え…

2シーズン制は間違いで3回に!、10月庭風景

一つひとつの選択を注意深く、気持ちに忠実に丁寧に選んでいく、その理由付けというか自分なりの座標軸が重要だと思っている。花苗を選ぶことはその一つなのだが、わかりやすく夏と冬の2回の切り替えと考えると、どうしても花の足りない時期が出てくる。夏…

9月の庭風景

我家の9月の庭風景。花はミニバラの一輪と、少しのペンタスだけであるが、トータルで見るならば、緑葉もカラフルな葉もあり、悪くないのでは?と思う。本来なら、秋モードしたい時期なのだが、今年の9月中旬まではまだ暑かったから、これから長く鑑賞する…

丁寧な暮らしをしていると感じる時

「丁寧な暮らし」のカテゴリーに参加して1ヶ月以上経った。他の参加カテゴリーの「エコ」に関しては私の日々の生活に定着しているので、そんなに肩肘張らずにできていると思う。「60歳代」というのも、年齢そのままなので意識は不要。一方で、最近目覚め…

8月の庭風景

今年初めから毎月末に我家のベランダガーデニングを記事で公開するようにした。それまで、毎年そして毎月変わるベランダ庭の風景の変化を記録していなかったが、その記事の写真は今では備忘録になっている。既に暑さは峠を越したものの、今は最も花の少ない…

7月の庭風景

7月下旬になってうだるような暑さになってきたので、花の元気もイマイチである。 ベゴニアは花はほとんどなくなったものの、秋までこの緑葉の残る状態が続けば良しとしたい(昨年は暑さで溶けた)。 赤と白のペチュニアも足下の蒸れがあり、茎が徒長してきて…

6月の庭風景

我家の今月末のベランダガーデンの様子。昨日は下葉の枯葉をピンセットで整理、丁寧な暮らしをしている感を味わった。ペチュニア↓は乱れながら赤白の花盛り。それぞれ3苗で3鉢。 その後に散髪をし赤い花だけ残してすっきり。 ペンタスも今が旬、下の濃いピ…

2カ月でのベゴニアの変化

ベゴニアは毎年のように寄せ植えを作っている。今が旬な時期だと思う2鉢を紹介。 (ベゴニアを中心とした鉢1、左側のオリズルランと右側ヒューケラ) (ベゴニアを中心とした鉢2、中央上はベゴニアタブレット右上がシロタエギク) 過去のブログ記事の写真を見…

2019夏の寄植えバージョン: 5月の庭風景

ブログを書いていて、月々の草花の変化を整理し締めるこの日は私の楽しみな日の1つである。 さて、5月末のこの時期で今までの咲いていたほとんどの草花は力尽きたようだ。5月の風景として、これから数ヶ月持たせる新たな寄植え鉢を含めて全12鉢を披露す…

一年中、花咲くベランダガーデニング

引越してきた当初はマンションのベランダだからガーデニングはできないだろうと諦めていた。でも、昨年より鉢ベースでのガーデニング再開で、一年中、花の咲くベランダガーデニングを目指した。一年経ったが、ほぼできているのではなかろうか。上記写真は居…

唯一のクリエイティブな仕事はガーデンデザイン

シニアになると、クリエイティブなことをすることはなくなるのだろうか。新聞の同世代の投書欄やシニアブログなどを見ていると、退屈な日々を送っているシニア世代の方は多いようにお見受けする。 真っ白なキャンバスに、何かを描く。とてもクリエイティブな…

カーネーションとバラの区別

昨日は母の日、ラップに包まれたカーネーション、そして時に紫陽花の鉢を多くの店で見かけた。手作り感は全くないギフトなものの、それでも母はバラをもらうのと同様にカーネーションは嬉しいようだ。 戸建てに住んでいた頃の7年前に庭を大々的にリフォーム…

植え替えは大手術

今週の一週間はガーデニングウイークになるはず。それに先立ち、今後の方針を確立し、今ある鉢の整理をして、暫定措置をした後に本格移行をする。昨日は鉢の入れ替え作業2つのみ、あまり大したことないではないかと言われそうだが、それでも土の処理などで…

だるい連休休みに掃除で喝を!

ゴールデンウィークの後半だが、10日間ずっと休みだと退屈だ。特別に集中してやりたいこともないし、こんな混雑する時期に、かつ割高な料金で旅行などに行く気も起こらない。 リタイア直後の時、これから際限の無い休み期間に突入するのだろうか、ボケそう…

4月の庭風景: 夏バージョン庭への準備

先週末はホームセンターで花苗を買いに出かけた。新聞広告のチラシでは色々な花苗が勢揃いに見えたが、希望する苗がなかなか見つからず、3件目の少し遠いところでやっと見つけた。好みのスペックの苗が在庫にあり、苗の数が多い中から良いものを選べること…

若いって良いなと木の新芽を見て思う

穀雨で新緑の季節。栗林公園の新緑が美しい。私はこの手のグラデーションの美しさに、2年前に高松に来てから気づくようになった。以前には身近で目の当たりにしたことはなかったからだが、ただ気づかなかっただけかも知れない。肉眼で見る実際はもっと奥深…

大往生の変化

心配事も痛みも何もなく、(タブレットで流している)癒し系の音楽を聞き流しながら我家のベランダで花殻つみをしている時に、突然意識がなくなって、この世とはさよなら、それが今私の考える理想的な死に方である。時期は今頃だ。冬や夏は嫌だ。秋も悪くはな…