にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

世の中評論

舛添要一氏、ゴーン会見は大成功と主張

舛添 要一と言うと東京都知事失脚で、既に「終わった人」とのイメージを持っていた。しかし、昨日のネットニュースで見かけて、まだ学者として記事を書いているのかとびっくりした。舛添氏は「ゴーン会見は日本司法の後進性アピールで大成功した」との主張だ…

ゴーン氏は日産はともかく日本は愛していない

ゴーンさんのレバノン逃亡事件の今後の展開にとても関心を持ち見守っている。氏もそして日本という国にも互いにメンツがあり、真相解明にはまだ時間を要するだろうけれど、外野としては劇場にいるようでとても面白い。 私も氏と近い年齢だから枯れるにはまだ…

中国成功はゼロベースリセット可能な故ではないか

今日はクリスマス、旅行時はその2日前だったが中国はホテルの飾り付け以外での盛り上がりムードは若者の戯れる街中でもさほどなかった。やはり邪悪な文化は取り入れない国だねという感じがある。 その種の西洋化はないとしても、中国の産業発展は著しい。出…

究極は「いるだけで幸せ」

元農林事務次官熊沢英昭被告に懲役8年の求刑が出たが、これに関しては以前にも記事にしたことがある。 アドラー心理学の考え方で、ピンとこなかったところの一つに、存在にYesを言うというものがあった。頭ではわかるが心底でよく理解できなかったし、リア…

収入の4割が非消費支出で消える

契約社員としての今年の最後の給料明細が来て、今日振り込まれる。総支給累計額も記してあって、その年額は 805,878円である。この一年での残業は年間計8時間は全て事前にスケジュール化されたもの、そして有給休暇取得は旅行に行った時と義母の老人ホーム…

損得ばかりでの判断の世界

世の中は損得勘定で判断されることは多い。良くてもWIN-WIN の互いの損得の世界。昨日の新聞記事でもIOCのバッハ会長が、「JOC会長の山下泰裕氏が委員になることは日本とIOCにとってWIN-WINだ」と説明したという。国際関係やビジネスでよく使う言葉だ。自分…

部分だけ見て相手の人格否定

人は部分だけを見て、全体を判断しがちだ。私も例外ではない。アドラー心理学の「嫌われる勇気」の本に次のような一節がある。 対人関係がうまくいかないのは 、・・・のせいでもありません 。ほんとうは自己受容や他者信頼 、または他者貢献ができていない…

忍耐力の問われなくなった時代

この頃、あまり忍耐力が重要だとは言われなくなったような気がする。50年以上前となる私の小学校の卒業寄書きにおいて、当時担任だったU先生が自分の標語なのだろうが、「忍耐」と中央に書いていたのを思い出す(私はその時に、こちらも意味もわからず隅っ…

環境家計簿悪化、ガソリン車を使うのをやめよう!

少し前だがトランプ米大統領は米国のパリ協定離脱通告で、コスト高、不公平といつものように得意気な顔をして離脱を成果だと主張し、今はそのプロセス中にある。氏は「嫌われる勇気」は持っているが、「共同体感覚」に欠ける本当に頭の悪いリーダーだ。アメ…

「頭が良い」人とは「考える」人

日韓軍事協定は継続が困難とのこと。日本は韓国に「賢明な対応を求めたい」と言い続けている。内容的にはもっともな話のように私にも思えるが、現状の韓国の対応は愚かであり、頭が悪いと言っているのと同じニュアンスで上から目線と私は感じる。決して言い…

不条理なことを許しすぎる社会に

国際関係、国内発のニュースを見る限り、あちこちで“不条理”な事件が発生している。社会は甘くなった*1、何でもかんでも個性という多様性を認め過ぎるがために、好き放題が許されるようになっているのではないかとすら思える。 私の抱える近隣問題でも同様だ…

雅子さまの涙、男女の差、遅すぎた

皇后の雅子さまが即位パレードのオープンカーで、目に涙を浮かべていた。私も最初に見た時に、涙ぐんでいるのでは?とは思い、あの前後関係と表情からすると、嬉し涙であろうとは想像はついたものの、あまり深く考えなかった。やっと批判的であった世間の目…

マンション管理の未来に悲観的になった

先週に年に一度のマンションの総会に出席した。そこでの議論では、いつも長期的な視点に欠けている。通常は昨年の決算報告と次年度予算承認と新役員の選出だけで終わる。役員は持ち回り性で・・という役員からの意見も出てきたようだ。自分の任期の時だけ何…

政治家の言葉遣いは大変だ。ブログでも同じかも?

萩生田文科大臣の身の丈発言、そして河野防衛大臣の雨男発言も同様なのだが、失言とまでは言えないものの資質まで批判を浴びたりして、謝罪や釈明をしている。私はさほど違和感は感じなかったが、政治家のようにマスコミに出る人は大変だなと思う。本心では…

冷静に言えば大多数の人はわかる。でもわからない人もいる

ブログ記事は中立的である「文字」が基本となるから、読者は冷静にその文字に接するであろう。内容にねじれ、矛盾、言葉足らずでない限り、平均的レベルの読者で年代は異なってもある程度の想像力、読解力があれば、理解できるのではと思う。でも全員がそう…

近隣問題で裁判所に調停

裁判所、この年でそんな煙たい所にお世話になるとは昨年までは微塵にも思わなかった。それが市の調停相談にこの7月と9月に計2回相談させてもらい、さらに昨日は簡易裁判所に調停の申立て書類を提出してきた。内容は近隣の騒音問題。重い腰であった管理組…

3Rはセクシーでない?

ゴミ削減の動きはあちこちで高まっていて、環境庁は3R推進キャンペーンをしているし、香川県でもこの10月は3R推進月間である。香川県ではゴミ排出量29万トン、リサイクル率24%を目指し、3Rを推進していて、県広報誌では「3R」は、食べ残しを…

打ち出の小槌は要らない

子供の頃に、特別な「蓑」で姿が見えなくなり、それで悪さをする童話を読んだ覚えがある。自分も欲しい・・と良からぬ想像をしたものだ(笑)。神様から3つの願いを叶えてくれるという機会をもらった老夫婦の話も印象深い。同様に、打ち出の小槌も欲しかった。…

貿易戦争しても本当の戦争が起こらなければ良いよ

毎朝、新聞を取りに行ってまずトップニュースを見る。今日もそうだが、(直接関係している人は大変だろうが)昨日も平和な記事ばかりで良かったと安堵する。このところ、国際問題は経済関係で緊迫はしているものの、直ちに(本来の)戦争が起こる雰囲気ではない…

きょうだいリスク

妻きょうだいは、きっと遺産相続で揉める。その兆候はあちこちで見られる。関係悪化のキッカケは過去の恨みをもとにしたちょっとした諍い。仲が良ければ許せることでも、それが感情を逆なでることがある(外野の私からすると、そんなくだらないことで?と思う…

フェアな関係

小泉進次郎議員と滝川クリステルが結婚する。側から見ると、フェアな関係のように思え微笑ましく映る。それに関しては以上。さて、国際問題や政治問題の真相まではよくわからないが、日韓関係はとてもギクシャクしていて、昨日は韓国をホワイト国から除外す…

心から・・の安売り

ハンセン病元患者家族訴訟の裁判で首相が謝罪し、家族に「心から深くお詫び申し上げます」とのこと。“心から・・” と聞くと、“それは口先だけで嘘だろう” と言いたくなる(笑)。 迷いに迷って最終的に決断しないといけない時はある。それが今回だということも…

綺麗事ばかりの選挙だった

悪夢のような6年間という酷い言い方までしなくても選挙上手な自民の有利は変わりなかったと思うが、参議院選は自民1人区で22勝10敗の結果で終わった。 この間の各党の主張を聞くと、NHKから国民を守る会、傲慢なNHKの運営に反対する趣旨には賛成である。安…

隣人に訴訟を起こす

京都アニメーション放火事件の容疑者は周囲に騒音トラブルなども起こしていた困った人だったようだ。私のところも、(厳密には隣人ではないのだが)マンションでの騒音トラブルがずっと続いている。マンション管理会社に訴訟または民事調停を起こすと連絡した…

知事、市長の給与が公開

今日の新聞に国会議員や知事の所得公開データが載っていた。今まで、他人の給料にまではあまり注目をしてはいなかったのだが、今回の機会に見比べてみた。私の住む高松の大西秀人市長は給与所得に注目すると1558万円のようだ。市民に直接接する最前線の首長…

条件を省略した年金の議論

金融庁の2000万円不足問題。そのこと自体は、いくつかの前提条件を入れれば簡単に計算できるものだ。でも、私達は思考停止してしまうとそれらの条件を一切無視したり忘れたりする(あるいは不都合な条件を隠されたり?)ので、出てきた結果の2000万円…

投資、私にもできますか

「投資、私にもできますか?」という新聞の別刷りの巻頭特集記事が昨日にあった。一言でいうと、この “問い自体” が問題だ。証券会社からすると、鴨がネギを背負ってやってきたという感じではないか。手順は次のようだと書いてある。 家計の現状を把握し、資…

反抗期はなくて良かったのか・・

昨日の新聞に精神科医の和田茂樹氏の「反抗期がなくても心配無用」という記事があった。これまでの子育てにおいて常識のように言われてきた “反抗期があった子の方がいい子に育つ” という主張はただの仮説で何の根拠もないことが明らかになっているとあった…

3割を占めるフードロス

高松市が初めて実施した食品ロス実態調査によると、市内の家庭ゴミから出された可燃ゴミのうち、14.3%が食べられる状態で破棄される食品ロスだったことがわかったそうだ。1日1人あたりのごみ排出量換算すると869グラムだそう。ちなみにエコピープル…

車は持たずにシェアリングエコノミー

一昨日に大阪で乗用車がバックで歩道に飛び出し歩行者らをはねた。80歳とまた高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故だ。昨日は福岡で、高齢者の車が交差点に侵入し多重事故だ。この頃は高齢者運転の事故は日常的になってきて、驚きもしなくな…