にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

中国再訪したい気持ち半分

中国は時差が1時間、気候も日本と比べ、びっくりするほどの変化は少ない。近くの民族同士だから安心感がある。今回訪れた桂林は印象的な場所だったかというと、正直に言うならばそれほどでもない(感動しなくなったこともあるが)。上海数日滞在ならば LCCを…

中国桂林の旅 2人で17万円

今回の中国旅行は読売旅行社のパッケージツアー「世界遺産の桂林・漓江下りと古鎮散策の旅4日間」。標準パッケージツアー費用は2人で14.44万円。“桂林”という馴染みの少ない、でも聞いて知っている土地はどんなだろうと惹かれ参加したのだった。ガイド…

桂林料理

今回の3泊4日の中国旅での食事の記録する。 1日目 上海空港到着後の乗換えの時間つぶしで、空港のカフェレストランへ。 初日の夕食は中国国内線の上海~桂林間での機内食。LCCでない中華航空なので機内食が出る。中国でどのようなものが出るか関心があっ…

桂林中心部の観光

昨日のスタートは、宿泊ホテルから徒歩での古鎮散策から。太極拳、広場ダンスをしている人を見かける遊歩道を散策。その後にバスで象鼻山、ギネスブックに登録された鍾乳洞の穿山岩、訾州公園などを見学。その後にお決まりの監禁される(笑)健康寝具店、お茶…

桂林郊外観光の1日

今回の桂林4日間の旅の参加者は10人。昨日はホテルからバスで移動し、桂林の郊外へ。リュウ長生さんによる日本語ガイド。行先は世界遺産の漓江遊覧で、クリントン大統領も訪れたコースと称される「興坪クルーズ」、夜も漓江4湖を周遊するナイトクルーズ…

中国の進歩は早い

昨年の10月も上海空港に来た。一年少し後だが、パスポートと4本指で認証するシステムや、カメラのセンサーで人を認識するシステムなど、ITによる入出国管理の省力化の進展は中国は早いなと思う。でも人が多いから、待ち行列も長く早い気もしない。空港のW…

中国桂林に行きます

今日は有給休暇。これから日曜日まで3泊4日で中国に行く。高松空港13時発で上海を経由して、乗換えの中国国内線で夜9時過ぎに桂林に着き、ホテル泊となる予定。今まで接点のあった中国の漢民族とは異なる広西チワン族の多い地域なようである。中国は広…

足立にない足立美術館

足立美術館は、世界での日本庭園ランキングで15年連続、日本一に選ばれる庭園と言われているくらい著名なようだが私は知らなかった(ちなみに栗林公園のランキングは11位)。足立と言うと、東京近辺の人は足立区を連想するが、場所はそこにはなく島根県安…

2人で北海道10万円ならまた行きたい

見晴らしの良い広い大地の北海道は魅力的だ。今回の夫婦二泊三日の道東の旅の総決算をしておく。パッケージツアー費用(阪急トラピックス: 航空運賃と宿泊、バス、ガイド代、宿泊初日は朝夕食、2日は朝食付) 45,060 x2 = 90,120 空港迄のバス代 …

北海道の味覚も楽しんだ

昨夜8時前に自宅に帰ってきた。東京圏にいた時は2時間近くかけて疲労困憊しながら帰宅したものだが、こちらでは空港到着から1時間以内で家にというのは嬉しい。また、日頃の行いが良いせいか、台風にもあわず旅行ができ幸運であった。現時点でまだ平気で…

北海道で秋を見つけた

北海道には秋を探しに行ったようなもの。参加ツアーは、阪急トラピックスの「秋のスペシャル北海道3日間」。秋はやはりここでは見つかった。昨日の北海道は天候に恵まれ、スッキリした青空に映える景色が素晴らしかった。 移動は空港到着後からは、栗山交通…

夏休み:北海道2泊3日の始まり

遅ればせながら夏休み。久々に国内の飛行機に乗って北海道東部への旅行だ。高松から羽田空港経由で旭川空港までの乗り継ぎ。そして昨晩に北見の宿に着。観光内容に関しては明日書くとして、飛行機はこのところいつも乗っているジェットスターのような LCCと…

岡山への旅

夏休みをとった。と言っても1日、バスの日帰りツアー。岡山の「ポーラ美術館」コースで、岡山と倉敷に行ってきた。ポーラ美術館は、本来は箱根の美術館だが、以前にも行ったことはある。今回は岡山県立美術館にて、そのポーラ美術館所蔵の72点、印象派を…

四国八十八箇所巡り

先週末は天気が安定していて良い気候であったので、バイクツーリングで四国八十八箇所の最終札所の大窪寺に行ってきたがとても快適であった。転居して一年余りだが、この間での四国八十八箇所のお参りは初めてである。退職後は四国遍路を巡るのは悪くないか…

山開き参加、ご接待受け

昨日は別名は讃岐富士、おむすびの形をした飯野山に単独バイクツーリング(と言っても片道40分位)に行ってきた。まずは登山口で、山開きということで 、少量の甘酒サービスのご接待もあった。 香川県の最高峰は竜王山で1060メートル、標高で飯野山は第…

旅行好きは地理好き?

図書館で、もっぱら実用書だが本を借りてくる。今回はそのうちの一つ、「もう一度読む山川地理」、田邊裕著、山川出版局、2012を読んだ。この “もう一度読む” シリーズは、話題になった日本史と世界史のシリーズは以前に購入していた。その3年後に、こ…

香港旅の総費用12.3万円

帰国後の倦怠感と高熱、体温が37度近くに下がってもまた昨日の昼に38度以上になったりで心配したが、やっと今朝36.3度と平熱に戻ってきて安心しているところ。 さて、今回の旅で要した総費用をまとめて香港の記事はおしまい。 3泊4日の HISのツアー…

香港旅で疲れてダウン

昨日帰国。雪が舞うくらいに寒いのと、咳が出て風邪気味だったので、家に帰ってから体温を測ったら38.7度も熱が出た。人混みの中を歩いたし、睡眠不足で疲れもあり、昨日はずっと床に伏していた。今日は体温が37.1度まで下がってきているし、他の症状…

やはり香港は食!

香港旅は今日でおしまい。これから朝8時30分発の便で帰国だ。香港3泊4日と言えども、深夜着で早朝発なので、海外旅行保険料をかけるのは4日分なので少額ながら損したような気がする(笑)。実質は1日前のバスツアーと、昨日の自由行動の2日だけだ。で…

香港で拉致、私は要らない

昨日はあちこち香港市内バスツアーに行った。肉体的に疲れた。疲れたのはそのためだけでもない。バスツアーなどでは強制的に販売所に拉致される(笑)。昨年の秋の上海無錫ツアーでもそうであったが、香港の今回も同様で、ガイドの許可なくこの部屋から勝手に…

国内移動感覚で香港へ

高松からの国際便は、ソウル、台北、上海、そして香港に、さらに国内便も東京や札幌、沖縄にも飛んでいる。待ち時間と飛行時間は長いが、国内感覚の移動で香港までやってきた感じだ。国内線と国際線は共通の場なので同じような感覚で、料金的にも含めて海外…

30年ぶりの香港

30年位前に仕事の関係で一度、香港を訪れた。12月後半だったが、とても暖かいので驚いた覚えがある。今回は2回目の香港旅だが、もうこれが最後だろう。高松空港発の香港エクスプレスのLCC便は週に3回出ていて、それに併せた3泊4日のHISのツアーに参…

身体が勇みたつ風景

昨晩はアマゾンビデオで「雨あがる」を見た。外国人は良く理解できないだろうが良い作品だ。(結末は若干残念なのだが)態度を決めて最後に「身体が勇みたつ風景ですね」と言って終わる。 あまりそれと直接的な関わりはないのだが、そんな風景(大袈裟すぎかも…

癒しの瀬戸内海の島々

昨日は「女木島」にツアーに行った。船旅をすると、日帰りでも旅行!という気分になれる。今春に高松に引っ越してきて、7月に小豆島、10月に直島、そして11月に女木島と、高松港から出ている主要3島を制覇したことになる。女木島は桃太郎伝説の鬼ヶ島と…

中国旅行総決算、2人で16万円

費用の総括をして今回の中国ツアー旅の最後の記事としたい。 (上海空港での出迎え) 参加したツアーの名称は阪急交通社の「2つのハイアットリージェンシーに泊まる 上海、蘇州、無錫モニターツアー4日間」。高松空港についてから帰るまでの参加費は1人あた…

古い中国と新しい中国

中国料理を食べるためだけに旅行に行ったわけではないので(笑)、本流のツアーのことも触れたい。参加した中国ツアーの名称は、「上海、蘇州、無錫モニターツアー4日間」、現地の上海揚子国際旅行社有限公司によるものである。10月の現地は天候にも恵まれ…

選挙権行使できる恵まれた国

中国から帰国後すぐに、台風の大雨でずぶ濡れの中を(私にとっては高松での初めての)投票に出向いた。ブログ村の60代での新着記事などをみていると投票所に向かった人は多いようで関心も高かったように思う。国民の権利であるこのような私達が当然と思うよ…

中国で爆買い

国内でも国外の旅行でも、ほとんどお土産を買わない主義なのだが、今回は(私にしては)爆買いしてしまった。ツアーだと、ショッピングタイムが必ずある。今回も、刺繍研究所見学後に玄関用装飾品や、上海でのラテックス寝具店で枕やベッドなどを薦められる。…

やはり本場の中国料理!

花より団子の私にとって旅行での最大の楽しみは、史跡訪問などより食事である。今回の3泊4日無錫、蘇州、上海の旅でもやはり例外ではない。初日の夕食は無錫料理、スペアリブが美味しかった。9人の円卓だと、すぐに食べる方が多いので写真は撮りにくい。 2…

富裕層が7000万人いる国

富裕層が7000万人いる国、そんなに多い国はあるのだろうか。ある。それは中国だ。ガイドさんの言っていたデータソースからの解釈だが、中国の人口は13億人と日本の10倍だ。富裕層は5%くらいいると言う。13億人 x 5% = 6500万人、四捨五入…