にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

日々の生活

エアコン設定温度を盲信することなかれ

猛暑日と熱帯夜の連続する本格的な夏到来だ。室内窓際で温度計を置くと35度を超えているし、1日で最も気温の低くなる6時の今でも31.5度ある。ウダウダと篭っていた昨日は、昨年のブログ記事を参考にしながら、今年エアコンを使用していて学習した3つ…

仕事先と住処の両方は知られたくない

リタイア後に勤めていないと、私もそうだったが特に男というものは生活がルーズになり、怠惰になりがちだ。だから、外に行く用事を持つことは重要。それなりに髪を整え、髭を剃り、清潔な身仕度をして、ともかく出かける場所を作りたい。 私は出かける時に、…

管理員さんと管理員!の違い

マンション管理員をしているのだが、当たり前だろうと言われそうだが、管理人さんと、職名とさんづけで呼ばれる。仕事をし始めて早々に、入居者から miketoyさんと私の名前を知っていて呼ばれたこともある。名前を覚えてもらえると大変に嬉しい。「うちの管…

職場でのエアコンもエコ

マンション管理員をしている。職場のマンション管理員室にエアコンはある。複数人でシェアするとなると、オンオフの判断や温度設定は古参の人に敬意を表し、現状を受け容れるのが普通だろう。私の経験では温度設定は、冬でも夏でも24〜25度とかになって…

始まる猛暑日、熱帯夜の日々

いよいよ、高松の夏がやってきた。私にとっては昨年に続き、2回目の体験である。去年は特に暑かったようで、参った。今年は現時点では昨年ほどではないと思うが、来る日も来る日も熱帯夜なのは堪えた。周囲の地域と天気予報で見比べると、内海で暑さが籠る…

これならわかる

私のこのブログをどんな人が見てくださるのかは興味がある。かと言って、彼らに向けて記事を書くかというとそんな気はない。不特定多数を相手に役に立つ記事を・・などとは傲慢以上の何ものでもないと私は思う。そういう人は、移り気なユーザーが見えなくな…

目を通したい防災マップ

昨日のローカルニュースで、浸水で甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区の豪雨浸水域は想定内で、ハザードマップがあったにも関わらず活かせなかったとの話が長谷川修一香川大学教授からあった。その後に、おもむろに重要ファイルとして保存していた 地元のハ…

欠勤マークがついて気分が悪い

西日本7月豪雨の連日の被害が拡大する報道がある。連日書いている私のこのブログもその種のお悔みメッセージや記事を書かないと、居心地悪く感じる。同年代ブログで、多くの人がこの豪雨のことを記している。毎度のことながら、この種のビッグニュースの時…

尾瀬と高尾山が近い

西日本豪雨での山崩れで悲惨な状況を目にしている。山の近くには住めないなという印象だが、それはさておき、尾瀬も高尾山もある地はどこか。知名度は圧倒的に関東のそれをイメージする人が多いだろうが、言いたいのはそれではない。香川県だ。漢字は同じだ…

視界は10キロメートル

西日本各地の大雨で甚大な被害をもたらした。やはり、自然災害は恐ろしい。雨で視界の悪い状況でもあった。視界は、山や建物などにさえぎられずに見える範囲を意味する一般用語であるが視程という専門用語もある。気象庁では、大気の混濁の程度を表す量で,…

大雨警報でもバイクでエアロへ

大雨警報も出て、各地で土砂崩れが相次ぎ、避難勧告や避難指示が出されたところもある。今朝6時の全国ニュースを聞いていても、割り込みで四国のローカルニュースの避難情報が入るくらいだ。下記はケイタイへの避難情報で、一昨日から立て続けである。 昨夜…

匿名性が心配になってきた

深夜1時に避難準備情報が緊急速報メールで入ったのだが、その種の例えば昨日はどこそこでランチをしましたといった流れていってしまう過去の情報ならば、ブログ記事にしても、さして問題は起こらないだろう。一方で、家から見る風景とか、職場でこういうこ…

老化したのに視力聴力が向上?

先月に職場の健康診断にいってきた。視力が裸眼で0.3と0.4、メガネの矯正視力で1.5と、半年前より向上していて驚いた。確かに、この数年(白内障手術後)は新聞は裸眼で読んでいる。さすがにテレビの字幕を視聴するのはきついので、メガネをかけるものの…

鳥のさえずり

早朝に起き、5時前に新聞を取りに行く。その時に、外でピヨピヨと鳥のさえずりが聞こえる。蒸し暑い夏といえども多少は涼しい朝、そんな鳥の鳴き声を聴くと、ああいいひと時だなと思う。 では、カラスはどうだ。ゴミ収集日を狙ってゴミ袋を突つき食い荒らす…

エコ度が上位1%から陥落!

環境庁は、家庭部門からのCO2排出量削減を進めるために「うちエコ診断」事業に取り組んでいる。ほぼ5年前に、当時の我が家の状況(戸建)を診断してもらった時の記事が下記だ。その時は年間のCO2排出量は573キログラム、100世帯中堂々1位で、エコピー…

所持本は一冊もない

本は一冊もない。住み替えの機に、少しでも身軽にするため断捨離した。自分の書いた書籍や論文をも含めて山というほどあった大切に保管していた本まで処分したものの、その後に読み返したいなとか困ったことは全くない。すなわち、全て不要なゴミだったとい…

無造作に置かれた15000円の小遣い

今日から7月、1年の半分が過ぎた。今後もこのまま平和な生活が続いて欲しいが、どうなることか。 さて、6月分の基本生活費は総計で14万円であるが、先日の私の下記ブログ記事のその後だ。 妻は読んだ後に、既におろしていた分を、無造作に「今月分のこ…

同時な3大変化と変わらないもの

一年前の「スポーツクラブ」は私にとって全く新しいコミュニティへの参入(人間関係と言っても良いかな)であったが、「仕事の世界」に於いても、昨年のほぼ今頃に大きく変化した。職業訓練校を中退し、派遣会社のマンション管理員となったのがそれだ。どちら…

理想体型ど真ん中!

一年前の7月に、Kスポーツクラブに入会した。それから2ヶ月後に、Rスポーツクラブに移り、間もなく通算で1年となる。当初は一日おきくらいで週に3、4回行き、ファイト系やヨガ、ステップ、ズンバ、また水泳などのレッスンに参加した。今は週に2回程度…

マクロレンズの安さにビックリ

ミニバラの新芽に、多くのアブラムシがついて困っていた。注文していた iPhone用のマクロレンズが届いたので、蕾につくそれを接写で撮ってみた。虫の足までがこんな風に撮れるのかと驚きだ。 アブラムシは、今まではその度に手で潰していたのが、手が黄色く…

目印としてのマンション

マンションに住んでいることとマンション管理員もしていることもあり、よそのマンションの存在は気になる。新聞のチラシでマンション販売のチラシはよく見るのだが、その最下段にある細かな字の仕様をじっくり見る。立地、築年数、利便性、委託の管理会社な…

研修で息抜き。同年代は側にいた

昨日から夏らしい蒸し暑い日になってきた。就寝前の枕元の温度は29.5度、これからエアコン不可欠な3か月の暑い高松での夏が始まる。 さて、先週は機会があり、会社で入社後3か月近く経過したマンション管理員新人研修に参加した。遠地からの人もいるの…

綺麗好きになった

マンション管理員をしているのだが、その8割方は清掃作業である。その仕事をするようになって、マンション共用部を日常的に清掃管理する仕事柄、床や壁の汚れの存在、無管理な箇所などは気になるようになってきた。以前は、汚れていること自体がさほど気に…

65歳定年の次は70まで

あと数ヶ月先の今年の誕生日で65歳、通常の多くの会社でいう定年を迎える時期になってきた。どんどん「次の段階」が近づいて来る感がある。第1の職場でも、第2の職場でも、制度的定年は65歳であった。そのまま続けて定年を迎えていたとしたら、これか…

世代内格差のキーポイント「親の資産」、女視点

男にとってはどうなのかわからないが、女にとっては働き手の男をつかまえることは重要だと、今更なのだがマンション管理の仕事をしていて思った。共に一緒に苦労しようなどとの考えは、泥沼に入り込もうとするようなものだ。 私の言いたいのは若い人たちのこ…

マンション管理費に割引はない

マンションに入れる人はリッチであると、今更ながらわかった。 ポイントは管理費だ。マンション管理費は、区分所有の面積に比例する管理費が多いだろう。月々2万円を越すところも多いだろう。だから平等といえば平等である。一方で、当たり前といえばそうだ…

誰もが声をかけられることを待っている

昨朝に大阪北部で震度6弱の地震があった。ここ高松市でも震度3で、それほど被害はなかったようだが私の住むマンションでも結構、横に揺れた。管理人さんによると、1階付近はそれほどでもなかったらしい。マンションの高層階に住む人は、怖くて震災以降は…

北に行くと都会になる不思議

昨日は北の中心部に向かい、ホテルのビュッフェランチをしてきた。今まで住んでいたところでは、いつも南に行くと、より都会になるところに住んでいた。北は寒いが南はより暖かい地なので、好まれるのだろう程度に思っていて、それが当たり前のように思って…

高松3景の鑑賞スポット?

四国の美しい風景を魅力的なスポットで鑑賞できる88箇所を選定する四国88景が選定されたと一昨日の四国新聞に載っていた。香川県では21箇所、高松市ではそのうちの3箇所が選ばれている。屋島山上の獅子の霊厳展望台からの夕景、特別名勝の栗林公園の…

直面したくない夫婦金銭問題

世の中の夫婦間でお金の問題はどうしているのだろう?資産の全ては勿論、財布の中味まで大っぴらにする人は多くはないし、あまりよくわからないのが現状かもしれない。 我家の場合は、微妙で阿吽の呼吸で処理している。でも、明らかにしなくてはいけないとき…