にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

日々の生活

ダルイと断られる

グチであるが、前回記事で述べた同じようなことは妻だけでなく、無償で家を貸している息子にもある。私が旧家に住んでいた時はホスト役として、(最寄駅から歩いても15分程度だが)来客のある時には基本的にいつも車で駅まで送迎をしていた。今は使用権を委…

気持ちの欠ける親娘関係

仲の良い親子は関係が良い。当然なような気もする。関係が良いから仲が良いのだろう。私には妻の親娘、またきょうだい関係は傍目には良さそう見えていたが、実際には色々な確執があり、今日に至っているようだ。あまり良い関係とは言えそうもないが、似たよ…

誰がその人の幸せのための経済的スポンサーになる?

レバノンへ逃亡したゴーンさんのプライベートジェットのチャーターなどで16億円以上かかっているという。全く想像もつかない価格設定だが、コストベースの積みあげで数パーセントの利益の上乗せといったちまちました発想でないバリュー・プライシングなこ…

シニア介護の苦悩とアドラー

妻は私の親の末期への関与は何もしていない。私達兄妹だけで看取った。一方で、私は世話になっていない父親(既に他界)をそして認知症気味の母親を陰ながら、そして今は結構、前面に立って支援しているつもり。嫁が夫の親を介護し看取りまでの世話をするとい…

手作りおせちは絶滅する?

松の内は、関東では7日、関西では15日が定着のようで、今日でお正月ムードは完全に終わり。その正月のおせち料理の跡形もなくなっている頃である。おせちは確かに問題点はある。味付けは濃い目で、甘すぎ酸っぱすぎで極端だ。家での手作りとなると、たくさん…

ジム、仕事、住処の3本柱を移す

私の今の高松生活はジム、仕事、住処の3本柱で成り立っていると言って良いくらい。ジムは週に3回行っている。仕事は週に5回。それ以外に、時々市内で用事のある時もある。その住処の拠点としての今のマンションが週7日である。 この3本柱を、移す準備に…

今年抱負はこれだ

毎年初めに抱負を挙げているが 2020年のそれは “品の良い紳士になろう” としたい。適当なタイミングを見計らって本ブログの説明にも、そのキーワードを入れようと思う。 今までもそうだが、ひとたび言葉にするだけで実現に近づいてくる。“丁寧な暮らし” カテ…

ケチという批判に耐える

他の人のブログで、「ドケチな・・」というタイトルを見かける。ケチの度が過ぎているという意だろうが、否定的なニュアンスがあって嫌である。「貧乏な」という言葉も、同様に嫌いである。私はケチであることは自認するのだが、他者からケチと言われると気…

マンション管理費は税金の一種!

国民にとって税金負担は重いものである。その税金に相当するものとして、(広義の)マンション管理費を挙げたい。マンション所有者なら年に一度は管理組合の収支報告がされるはずだから、じっくりとその報告書を見ることをお勧めしたい。 自らせず他者によって…

医療費が高い。医療費控除せねば

令和元年分の確定申告書等作成コーナーは一昨日から公開となっている。 毎年インターフェイスが変わって戸惑うのだが、基本構造は同じ。早速作業をし始めたところだが、今回の例年との違いは医療費控除をすること。昨年の我家の年間医療費は16.7万円強と…

1月6日、会社を辞めたい人が殺到!

昨日が仕事初めだった人は多いようだ。年末年始の土日を挟んで1週間あいた。私も朝は仕事に行きたくなかった。もう契約社員を辞めても良いかなというブルーな気分であった。 ネットのニュースで、1月6日の昨日に会社を辞めたい人が退職代行に殺到したという…

車の試乗をしたら、乗りたくなった

高松市に来たタイミングで車には乗らなくなり、処分した。バイクはともかく、今後にもう四輪車は購入せず(日常的には)乗らないつもりでいたが、状況は今変わりつつある。 義母のサポートのためである。元旦明けに車椅子で近所の大型ショッピングセンターに行…

NHKの視聴率は圧倒的に高い

NHKの紅白歌合戦は我家の年末年越時の恒例視聴行事である。全般的には私のほとんど知らない曲や歌手ばかりだった。思わず微笑んでしまったのは松田聖子。ぶりっ子が相変わらず愛くるしく大した「女優」である。紅白歌合戦の番組本体は、シンプルに歌中心で余…

元旦過ぎれば平常食

他の人の正月風景をブログで垣間見るのは楽しみの一つだ。私と同年代の「ブログ村」のシニアブログでこの時期の料理の写真付きの記事を見ると、どこも似たようなものである。おせち料理を手作りしている人でも、(私の薬のようなものとして我慢して食べていた…

お節はふるさと納税返礼品

我家の元旦朝の風景は、定例の香川風あんもち雑煮↓である。 お節料理は岐阜県美濃加茂市の故郷納税(納税額3万円、他にもいくつかサイトがある)の「里山のおせち」の返礼品で申し込み、12月30日に冷凍品の宅配便で到着した。 季節毎の行事ごとを重視する…

2020年になりました

2020年になりました。明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。 元旦の風景には葉牡丹が似合います。 ベランダの鉢も今は葉牡丹が存在感を見せています。今年はどのような年になるでしょうか、期待したいです。

2019年のマイハイライトと感謝

今年の私の月ハイライトは次の箇条書きで示す通り。月末の消費集計で振り返る時に、1行のそれを月順に記したもの。 別離危機 健康診断 帰省1、エコ取材 電灯リフォーム、iPad mini5 伊予なだ千年物語 済州島 裁判訴訟準備 岡山桃狩り 武陵源と帰省2 屋久島…

12月基本生活費と2019年生活費累計

通常より早いが1月初めの記事にはしたくないので、今日と明日の消費分は見込みで含んだ12月の基本生活費集計。夫婦2人暮らし、以下示す 数値単位の円は省略、総額は13.5万円であった。 食費 65,000外食費 4,200 [ランチビュッフェ↓(誕生日割…

年末年始に味わう敗北感

年末年始の帰省ラッシュが昨日から本格化し、空の便は混雑し始めたようだ。 この時期以外にも、ゴールデンウィーク、お盆の季節となると、「勝敗」ではないのだがいつも敗北感のようなものを味わう。孫がいないこと、てか子達がまだ独身だからなのだが、テレ…

年内の仕事納めで嬉しい

昨日は年末の仕事納めであった。マンション管理員をしているのだが、年末だから目立たないところも綺麗にして入居者が気分よく年を越せるようにと専用使用部分の側溝の掃除までを特別サービスする予定だった。しかし年に一度の細かな作業は結構手間がかかる…

これからは41歳と言おう(笑)

ジムの体組成計(BC-118E)で定点定時観測で毎週計測し数値把握をしている。でもデータがばらつき、数値の理解に苦しんでいる。著しい変化がなければ無視することにしているのだが、旅行直後の体重変化は顕著なので看過できない。数日前の3泊4日の中国旅行を終…

人が一緒に暮らすとは大変なこと

今年は海外旅行やクルーズに行った時に、ツアーで同行する様々なご家族に出くわした。シニア世代のご夫婦が多いが、単身やあるいは親娘や友達同士風もいた。 旅行に共に出かけるということは、ある意味で価値観が一致するグループのようなもの。行先の国、そ…

旅に良く行った2019年の総括

2019年は、仕事の合間を縫って7回旅行に出かけた。海外3回、国内4回、総旅行費用は2人分で年間83万円で締めである。数少ない趣味であるし、贅沢をしているわけでもない。 出雲大社 愛媛の伊予なだ千年物語 韓国のハワイ済州島(2泊3日) 岡山の桃狩り 中…

女子アナに詳しい?

妻から私はNHKの女子アナに詳しいと言われる。民放はあまり見ないNHKファンなので、ほぼ事実なのだが(笑)、実際はそこまで言われるほどではなく気象予報士に詳しいだけ。彼女らは、姿形も言葉遣いも素敵な人が多い(男もそうだ)。どうしてその場に至ったか、…

オジさんでもジイさんでもなく紳士

50代以下でまだ現役な人は、活力がありまだ髪の毛も黒く、その言動からその年代だろうと経験的に感じ取れることが多い。女性に関してはよくわからないから、あくまで男での私の持つイメージの話。70代以上の人は完全リタイアしていて髪の毛は白く、ゆっ…

ジムクラス忘年会で開眼

ジムのエアロビクスクラスでは常連になっているので、インストラクターとは顔なじみ。レッスンプログラムは気に入っているクラスのみ参加している。常連さん以外に時々来る人もいて共に楽しむ仲間がいる。それを支える、事務スタッフもサポート姿勢があり好…

リタイア後に感じる所属感

リタイア後に所属するところの意識は大きく変化した。所属するところを気どっていうと(笑)、共同体感覚とかコミュニティが近い概念になるだろう。アドラー心理学では、共同体に自分の居場所を感じていることが重要としている。「共同体感覚」を満たすべき3…

一番の友達は?

「さむぅなってきたけん、最近尿がしぎょいわ〜」尿の回数が多いという意味の讃岐弁だそうな。 地元の友人がいないことはずっと気になっていた。考えてみれば、高松に来て2年半、誰とも深い会話をしていない。やっとこの手の日常の地元語の会話に違和感なく…

究極は「いるだけで幸せ」

元農林事務次官熊沢英昭被告に懲役8年の求刑が出たが、これに関しては以前にも記事にしたことがある。 アドラー心理学の考え方で、ピンとこなかったところの一つに、存在にYesを言うというものがあった。頭ではわかるが心底でよく理解できなかったし、リア…

ゼロエネルギーハウス体験宿泊し満足感

県のエコに関するキャンペーンの一環でゼロエネルギーハウスの1泊2日の体験宿泊の募集が月初にあった。早速申し込んで、昨晩から泊まっている。 比較的近所なので土地勘もあるし、今のマンション暮らしの日常をそのまま平行移動した感覚での生活ができてい…