にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

日々の生活

久々に良い本に出会った「ゼロウェイストホーム」

このところ感動するような本に出会わないなあと思っていたが、久しぶりに出会った。ベア・ジョンソン著の「ゼロウェイストホーム」である。 ブログ村のエコのカテゴリーで(私はランキングをどんどん下降中(笑)だが)、上位ランクに位置してきた人でゼロウエイ…

これで最後のレッスン

この地に来て、最初にデビューした Kスポーツクラブは2ヶ月在籍した。次のRスポーツクラブは1年だ。そして今月末を持って退会、2ヶ月の重複はあったが来月からは Jスポーツクラブのみとなる。乗り換え理由を一言で言うなら、エアロビ関連クラスの充実度だ…

悔しさをバネも終わり

エアロビクスのクラスにほぼ一日置きくらいの頻度で通っている。今でも部分的についていけない時もあり、9割消化といったところか。音感はもともと良くないが、8テンポになるとボチボチ来るな、と次のフリの予想ができるようになった。でも、新しいフリで…

年金現況証明が無料とは嬉しい

損をしないように年金をもらうとなると、必要な書類の提出は不可避だ。「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」依頼が来たので提出を終えた。世の中では不正をする人が後を絶たないためであろうか、全ての人が毎年提出しなければならない。さもないと本人…

機械工学とは何だったのか?

実は私の学生時代の専門分野は機械工学であった。機械とは何かわからずに入学した。周囲はバイクとか自動車好きが多かったこと。私の親の家は、その手の機械はなかったし、関心もなかった(今もあまりない)。だから、周囲とは違和感があった。おまけに、手先…

彼の歩んだ道

40〜50年前に読んで印象的だった本が何冊かある。その一冊がこの「彼の歩んだ道」だ。 彼とは誰か?それは、著者の末川博氏である。かつて立命館大学の総長をしていた人、その自伝である。購入をしようとも思ったのだが、結局は市民図書館にリクエストして閉…

ヒラノ教授の本

大学業界にいた人間の半生が、語り口の良いこれらの本に凝縮されている。ヒラノ教授の本は10冊以上出ているのではないか。著者の文章力も高いことと暴露本的な面白さもあるので、シリーズのほとんど目を通したと思う。私は著者とは直後の面識はないのだが…

想定外という名の頰被り

北海道地震後の全域停電は原因究明、責任追及、再発防止となる。原因は、1つの発電所に過度に依存してきた構造的問題だという。北海道電力の真弓社長は、様々なリスクを想定していたが、苫東3基がが一気に停止することは想定できていなかったとのこと。福…

「超」集中法

野口悠紀雄氏の「超」シリーズでは『「超」独学法』というのがこの6月に出た最新刊だが、それに次ぐ本がこれである。今までの「超」整理法や「超」勉強法などとの関連や、それらに含まれる氏の主張、例えば8割原則などの背景との関連が同じ1つの流れとし…

仕事で評価される

マンション管理会社からのアンケート調査を先日私の職場で実施した。今回のアンケートは販売促進のための企画のための一般的な満足度調査だった。人事評価を目的としたものではないが、その一環として管理会社スタッフと管理人のことも聞いている。マンショ…

タイミングを逸し反省することしばしば

マンション管理員をしている。仕事において、お客さん志向は、まだまだできていないなと思う。一例だが、掃除をしていて、向こうから入居者が来る。そんな時に、私は挨拶はするものの同じペースで自分の仕事を続けている。入居者はエレベーター前に到着し、…

格調高いデータサイエンス

「データサイエンス入門」という本を読んだ。 目次は三章構成。 ビッグデータの時代 データとは何か データに語らせる 付録に、統計学の歴史の概要とコンピュータの歴史の概要の2つがあり、構成としてはすっきりとしている。アマゾンでは、次のように紹介さ…

ウェブ進化の最終形

1か月位前に、小林雅一著「AIの衝撃」本を読んで良かったので、関連する別の本も読んでみようと思った。その本の前の著書がこの「ウェブ進化 最終形」だ。以前に梅田氏の「ウェブ進化論」を読んで感銘したのだが、その最終形は如何に?と知りたく手にとった…

節電要請とバッテリー問題

政府からの20%節電要請が出ている。場所は電力供給の厳しい北海道電力だけを言っているようだ。同じ日本という共同体に住んでいる、困った時はお互い様。地域限定や一時的な扱いでなく、もっと恒久的にエネルギーの節約をしなくてはいけないのではないか…

変更代はゼロだが事務手数料が3千円?

ジェットスターで飛行機の予約変更をした。今までも数回試みているが、その度に不快になる(税抜価格に銭まであるのも違和感がある)。便の変更でお金をとることだ。今回もネットでオンラインで変更しているがフライト変更金額は0円と出た。システムが世間並…

24時間 ー 仕事 ー スポーツクラブ = 0 の公式

数日前の北海道二泊三日旅行は週末土日休みと残業の振替分の1のでこなした。有給休暇はまだ1日も使っていないので、会社視点では、夏休みをとっていないことになる。とりたいとも思わないから仕事に行っている。私も市の公務員なら、北海道地震の支援活動…

優れなくても普通で良い

ほんの2日前に北海道から帰ってきたばかりだが、その北海道が地震で大変なことになっている。振り返って見ると、私は震度6以上は疑似シミュレーション以外は体験したことはない。地震直後の北海道の今なお混乱は続いていることだろう。関西空港での台風被…

8月の基本生活費

8月分の支出内訳を示す (夫婦2人暮らし生活、以下示す 数値の単位の円は省略)。今月は妻の医療費2.2万円が多いけれど、それを除けば通常月の範囲である。 食費 51,000 外食費 800 水道代 0 電気代(137kwh) 3,351 ← 注: この金額は6月か…

夏が終わるように、いつかは帰る

今日で8月も終わり。去年も暑かったが、所詮は去年の暑さなんて忘れてしまっているので、きっと来年も同様なことを書くのだろう。今年は暑かった!というのはどこに住んでいても同じようなものだろうが、高松の暑さも特にキツかったが、慣れるものだ。 高松…

シバム?何だそれは?

フィットネスクラブを今月と来月は重複して入っている(好きで2つに入っているわけではない。ミスのためだ)。新しいジムでのインストラクターも以前いたところとおよそ半分近くは兼任しているので、顔なじみで移行への安心感はある。また、今までは同年代以…

研修より弁当が重要

半年毎に職場の半日研修がある。派遣のマンション管理員の時もそうであった。先日にもあったので出席してきた。経験に基づき決めているのだろうが、半年毎で半日の研修というのは適当な長さ、この程度でないとだらけた研修になってしまう。今の契約社員のマ…

AIの変化に追いつこう

2年前にKindle本で購入したものの、読んでいなかったAI(人工知能)関連の2冊を読み終えた。エアコンもAI機能、車もAIを駆使した自動運転など、世の中はAIの与える影響は多くの分野で重要な位置を占めるようになっている。一方で、利用者はその裏側がどうな…

体幹部を鍛えろとの疑問

新しいジムで、100日チャレンジというサポートプログラムがある。計23回のトレーニングで身体が変わるというものだ(あまり期待はしていない(笑))。目標にあったメニューが選べる、計4回の体組成計、メニュー作成で徹底フォローというものだ。まず初回…

ジャズダンスのレッスン

ダンスのレッスンに数回出席した。3日前は「ジャズスタイル」というクラスと昨日は「はじめて jazz」というクラスに参加した。Jazzと言うタイトルだが、これはジャズダンスというカテゴリーのダンスを略して言うようだ。今まで、あまり良く知らない、わけの…

台風の日は休みにしよう

今日の新聞によると香川県は昨夜の段階では被害情報は入っていないとのこと。台風は当地を通過したようで、今は青空が見える。昨日夜中の1時55分と3時6分に緊急速報メールがなった。理由は、被害の恐れがなくなったからとのことだ。避難せよとのことな…

湿度表示はどれも怪しい

このところ湿度の高い日が続いている。温度は何とか現状から数値的にも予測できるものの、湿度というものはどうも直感的によくわからない。100円ショップで買う温度湿度計はアナログ表示で、表示される数値が皆異なるが、価格がその程度だから致し方ない。 …

飲物を粗末に扱う子供

最近の子供達は親に甘やかされて育っていると私は思う。友人同士で会話もなくゲームをしながら、ペットボトルや缶の甘い飲み物など、少し飲んだだけで、置き忘れる。後始末をしない。誰か(親?)がやってくれると思っているのではないか。エアコンだって、使…

柔らかいパンの耳

朝食はずっとパン食である。バターをつけハムとチーズを載せて食べる。あるいはベーコンエッグにするかどちらか。あと牛乳と果物(グレープフルーツかリンゴ半分)、そしてヨーグルトが定番である。 パンのあまり味や質にはこだわらない方だ。でも、パンの耳は…

尾畠さん流石!平和なニュースが良いね

お盆の季節が終わった。miketoyの父親はキリスト教、そして私は無宗教なので無縁であり、いつもながら何もない普通の日々である。この数年は夏頃に親を偲ぶ会を開いていたものの、今年は私の都合もあり9月末とした。この時期に墓参りに行かないことは、ご先…

写真と3Dマップの一致は凄い!

以前に飛行機の窓から、高松市内に近づいてきた時に撮ったが写真がこれだ。でも、2次元表示の県内の平面地図を頼りに探しても、このため池がどこで、この低い山はどれに相当するかも不明で不満だった。それが、やっとわかった。 実像に近いのはマップアプリ…