にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

日々の生活

暗証番号を忘れ部屋に入れず

暗証番号を忘れた。パソコンのIDでの暗証番号ではなく、もっと頻繁に使う部屋に入るための番号だ。2日前のことだが、オートロックの暗証番号、はて?何番だったろうと困ってしまった。その時にはもうマンションの管理人さんはいなかった。その番号を頭で覚…

趣味はe-Tax、確定申告は早々に了

確定申告書の必要書類、源泉徴収票などの全てが昨日で揃った。ID PW 方式で登録しているから、その日のうちにネットでタブレットから下記のように e-Tax書類を正式に送付した。 税務署に出向かずとも済むので楽であるし、申告や還付に関して etax経由でのウ…

マンションもゼッチの時代

日本政府はエネルギー基本計画の中で、2020年までに新築する住宅の過半数で「ZEH」(ゼッチと読む。Net Zero Energy Houseの省略形)を実現することを目標として掲げている。これは地球温暖化対策として、日本で独自な住宅性能基準を作ったもの。ゼロエネル…

盗られるものは家に何もない

家財保険というのがある。我が家の家財で最も高価なものは何だろう。30万円近く要したエアコンか。次には冷蔵庫、洗濯機か。二重窓も全部だともっとする。風呂やキッチンはもう一桁高いが、どれも持ち運ぶには重くて大変なはずだ。それらを持っていく泥棒…

優秀な人は解ける

昨日と今日は大学入試センター試験だ。センター試験では難問は出ないのだが、たとえ難問が出たとしても軽々とクリアしてしまう人がいる。そういう人を頭が良いという。仕事でも同様だ。これでは売れないと評されるような商品を大量に売ってしまう優秀なセー…

肉の部位名を知らない

昨日はビュッフェのランチ会。上はローストポークと鳥手羽の煮込みだった。が、私が最も美味しかったと思うのは↓しっぽくうどん。さすが、うどん県高松だ。肉はずっと憧れの対象であったし、今も大好きである。私の子供の頃のmiketoy家では、そもそも肉が食…

秒単位で仕事をする

秒単位で仕事をしている。忙しいからではない。ある意味では逆である。 今の世の中でマシンでのタイムカードは、以前と同様に使われているのだろうか。タイムカードなどでの勤怠管理は通常は分単位で行われるだろう。私は残業は1分たりともしたくないから、…

成人になって親へ思うこと

一昨日は成人式だった。毎年この時期でのニュースのインタビューなどで、新成人にマイクを向けると、「親にここまで育ててもらってとても感謝しています」というような声をよく耳にする。若い人達のリップサービスなのだろうか、本音なのかよくわからない。…

餅がおいしいという不思議

1月は雑煮をはじめとして餅を食べる機会が多い。雑煮では焼こうが焼くまいが、丸餅であろうが角餅であろうが餅のまま煮込み、餅の中には何も入っていないのが通常だろう。七草粥、鏡開きと、そんなプレーンな餅が続く。力うどんとか、おでんの巾着の餅とか…

猪も犬も食わない何とやら

猪年の今年の抱負が特段にないこともあるが、初詣で願うことは何もなかった。学問の神様にお願いするような学運が良くなるものは関係ないし、商売繁盛もなくて良い。交通安全はあって欲しいが、それを含めて無病息災、家内安全、今のような平和な一年が続く…

年末の特別サービスはやめたのだった

マンション管理員をしていて、その昨年末のこと。入居者も汚いままで年を越したくないだろうということで、(自分の家はさておき)仕事の場ではマンション共用部の側溝の日頃手入れを怠りがちな部分の徹底的な掃除や、範囲外の専用部に溝のところまで、私の個…

金持ち貧乏人の消費比較研究

年間収入の比較的高所得の金持ち層(第Ⅴ階級)と、貧乏人と言うには言い過ぎだが、相対的に低所得の層(第 Ⅰ 階級)との消費金額の5分位階級別家計収支のデータが上記である。最右端の列の倍率は、その層別の衣食住の消費傾向が倍率で比較でき興味深い。高所得…

ゴミ袋1つに500円負担を

昨日は年明け初めてのプラスチックごみの回収日だった。お正月で1週間あいたから2週間分の量なものの、あちこちのゴミ収集場で、通常の3倍近くの溢れんばかりのゴミが出ていた。可燃ゴミなどは通常の2倍程度であったので、量は多いもののの週あたりにす…

頼りない医者

この数年来、しもやけで苦しんでいる。病院に行くのは唯一これだけだ。高松は冬は暖かい地だから、こちらに来れば治るかな?と少し期待していたのだが、今年も同様であった。冬に出る症状とは言え、本当に寒さと直接に関係する症状なのかよくわからない。 そ…

「おはようございます」と「おめでとうございます」は違う

「おはようございます」と「おめでとうございます」と挨拶するのでは違う。当たり前だ(笑)。意図するのは心のことだ。私はマンション管理人をしているので、朝に入居者と出くわす。顔見知りでの今の時期の年初の初顔合わせだと、「明けましておめでとうござ…

e-Taxで確定申告の準備完了!

税務署は今年からスマホ対応の確定申告ができるようになった。今までの確定申告コーナーでのウェブでの操作と基本的には同じなのだが、上記写真左上に ID、Pw とあるように、別途の出入口を新たに設けたようだ。システムの窓口は既に4日から土日込みで受け…

誰からも大切にされず悲しい

今回は重い話だ。私は誰からも大切にされない気がしている。「愛」の欠乏症である。子は私を大切にしない。年賀メールを送っても、無反応だったりする。私は子を大切にしているが、それは世代が違うから親子でもやむを得ないと諦めている。妻もそうだ。私は…

今年の抱負などない

昨日から仕事だった。若い頃は新年の抱負を聞くと、新しい年という実感が湧き、元気になるので、他者にも良く尋ねていた。今はどうか。聞く相手もいないし、自分自身も抱負などない。仕事への志は持っているものの、仕事の抱負を持ち今年中に達成せねばと気…

アプリがあるので手帳は不要

新しい年なので、それに伴い、新たな手帳を使い始めた人も多いだろう。私も以前は、超整理手帳やほぼ日手帳を使っていたが、去年から完全に使わなくなった。とは言え、スケジュールなどを忘れるといったミスを最小限にするためにも、時間管理は必要。その時…

本場でのあんもち雑煮

香川県に越して来て2回目の正月。ハレの日の贅沢な食事の1つが正月料理だろう。我家の元旦の朝の食卓に関してはこんな感じだ。地元以外では手に入りにくい「あんもち」をベースに、細くて小さい大根と赤色の濃い金時人参、トッピングは粉の青のりで、さぬ…

2019年元旦

2019年、明けましておめでとうございます。上は、我家で正月らしい今朝のハボタンの寄せ植え。新年なので、さらに我マンションの屋上に登って初日の出の写真をと思ったものの、下記の左手にある遮るマンションのいくつかが遮り撮れなくて残念。高松の日の出…

2018年のマイハイライトと感謝

私の今年一年の月毎のハイライトは次の通りだった。 仕事なしで読書、ジム1中心 香港旅と契約社員になる マンション管理仕事 引越し対応 家の第2弾リフォーム ガーデニングの再開 暑い夏 暑い夏と倉敷、ジム2デビュー 北海道とマンション総会 秋帰省と足…

12月基本生活費と2018年間平均額

いつもの月より数日早いが12月の基本生活費 (夫婦2人暮らし生活、以下示す 数値単位の円は省略)を締めることにする。12月の食費は通常より2万円以上多いのは毎年のことで、大晦日ギリギリまで購入があり得るため、食費だけと思うがまだ増えそうだ。 8…

生命保険には入らない生活

昨日で年内の仕事納め。一週間弱空くこともあり、また年末の区切りまでに、ここまでは終わらせたいという思いもあり、忙しい最終労働日であった。短時間しか勤務していないとは言え、これから久しぶりに長期の休暇はメリハリ感を味わえるので嬉しい。 さて1…

定年後の節目を通過した!

定年などで一定の年齢を超え、年金をもらえる直前では、いくら貰えるか、そしていつ貰えるかは最大の関心事だろう。しかし、その時期を通過すると関心が薄くなるというか無くなる。今では「年金」という言葉を追って目が泳ぐこともほぼなくなった。定年後の…

スポーツクラブでの男女の会話

9月からスポーツクラブを変更しているのだが、そこでエアロビクスを中心に楽しんでいる。前のスポーツクラブでは、65歳の私は最年少ではないかと思えるくらいの団塊世代以上のシニア層が多かった。それならそれなりに、人間関係では周囲に教えを乞うモー…

おはようございます以外の挨拶

マンション管理人をしているので、今日の記事タイトルに関してどうしたものか、日々直面し、また葛藤もしている。おはようございます や こんにちはといった挨拶は、すべてのサービスの基本だ。仕事の教育時に「笑顔で相手の目を見て挨拶」と学んだ。当時は…

コミュニティ形成の試み2つ

通勤途上の公園でこのようなクリスマスツリーを見かける。地域の人達が、飾り付けをして見守っているのだろうなと思え、ホッコリと笑みが浮かぶ。明日には後片付けをと、誰かが陰ながら支えているのだろう。地域コミュニティのできている証だろう。 マンショ…

歩き方で誰かわかる

歩き方というのは、左右どちらかに傾いていたりで各自の癖があるものだ。マンション管理員をしているので、入居者にもしものこともあると困るので人の出入りや気配にセンシティブにしている。その辺りの勘所、背格好や後ろ姿、気配で、だいたい誰かわかるよ…

一番汚いものこそ洗う

大掃除をあちこちで始める時期となった。退職後に掃除の仕事をするとは思っていなかったが、色々と学んだことがある。その1つがこれ、「一番汚いものを洗う」である。鳥に限らないが糞など処理した外向きの箒を洗うだろうか。では、そういうものを掻き集め…