にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

高齢者の特典利用: 栗林公園入場

65歳の高齢者(自分では全くそうは思っていないのだが)になって、初めてその特典を利用した。栗林公園入場の時に運転免許証を提示し、県内在住で65歳以上が確認され、本来は410円かかる入場料が無料となった。行った目的は、毎月の第2日曜日に実施の…

コンポスト化の行方はガッカリ

コンポスト容器を使って、チップ材と生ゴミを混ぜ合わせ微生物を活性化させ再資源化させようとする生ゴミ減量を試みている。期待していたのだが、コンポストに添付されていたマニュアルを見てがっかりした。コンポスト自体にがっかりしたわけではない。入れ…

高齢者の仲間入り、繰下げ記念日

昨日から不本意ながら高齢者の仲間入りをしてしまった。何かびっくりするような嬉しいことがあれば良いなと微かな期待していたが、やはり何も起こらない普通の1日であった。いや、あったといえばある。倉吉市のふるさと納税での返礼品であるフィレステーキ…

トランプ氏活躍でアメリカ行き断念

米国の中間選挙は上院は共和党、下院は民主党のねじれの伯仲した結果だったが、国内ではブログ村でもそうだが、あまり盛り上がっていない。疑惑封じの司法長官解任など相変わらず、自分に批判的な記者を罵ったり、じしんに都合の悪いことは無視したりで、好…

ゴミ排出量は半減、我家のゼロウェイストゲーム

環境省 環境再生・資源循環局によると、平成30年3月の調査結果では、平均のゴミ排出量は上記のようだ。仕事先などでもゴミを捨てているだろうから、それを差し引いた7割が生活系としての家庭ゴミだ。1人1日当たり約600グラムの量が平均の目安となる…

1日350グラム、なぜか生ゴミが少ない

このところ、コンポストに生ゴミを入れ堆肥化させる関係で、毎日の野菜屑などを切り刻んで、またその重さも量っている。コンポストのかき混ぜサイクルが朝晩の2回なので、朝と昼夜分のゴミ量を体重計*1で量る。食後に切り刻むことやかき混ぜることは面倒で…

1%の人が選ぶ年金繰り下げ受給

高齢者就労の多様化で、厚労省による年金の繰り下げ受給の資産が提示されている。70歳越えに受給期間を伸ばすことへは、寿命はわからないのでギャンブル性を伴うなどの意見があるようだ。私のところにも、「65歳からの老齢基礎年金と国民年金老齢基礎年…

プリンターは要らなかった

多機能プリンターを他の方に譲って今はない。以前は、ブログ写真でも書類っぽいものは、そのスキャナー機能で読み込んでファイル化して取り込んでいたが、もう辞めた。カメラでブレたり折り目が見えるのもやや気にはなるが、(昨日の記事の写真もそうだが)十…

介護保険料は老人税

昨年は住環境福祉コーディネーターの資格を取得する目的があったので、介護保険に関しては懸命に勉強した。(まだ昨年なこともあり)良く分かっているつもりだった。でも、所詮は他人事、気合いは入っていなかった(笑)。上記の市から来たお知らせからすると、…

車屋さんを全面信頼

IT分野に関しては、私はネット上にある情報を頼りに独力で何とか問題解決できる。一方で、車やバイクとなるとそうはいかない。機械工学が専門だったにも関わらず、メカ音痴なのでお手上げだ。だからその手のことは車屋さんに丸投げになる。たまたま近くにバ…

コンポスト購入、補助金も出る

上記の生ゴミ処理容器(コンポスト)を購入した。本格的なゴミ処理機は電気を使うので私の選択基準からすると論外であったので、当初は段ボールでの手作りコンポストでと思っていた。しかし、いろいろと必要なものの整備が大変そうだし、見栄えも重要なので、…

10月基本生活費は14万

10月は若干いつもの月より多かった。その支出の内訳を示す (夫婦2人暮らし生活、以下示す 数値単位の円は省略)。 食費 64,000 外食費 490 (↑さぬき市、「溜」で 右から ぶっかけ小 とたこ天とちくわ天) 水道代 0 電気代(168kwh) 4,313 ガ…

ジモティでリユース!

ジモティというサイトの存在は、フリーペーパーのミニコミ誌の記事で紹介され知った。「地元」とかけたネーミングだろうか。「必要なものを必要な人へ、あなたのいらないが誰かの役に立つ」わかりやすいキャッチコピーだ。指定された県を選択して中古品がな…

プリンター使いをやめた

プリンターを処分した。本日10月30日をプリンター断捨離記念日としたい。「情報」は画面で見れば十分で、いちいち紙で確認する必要もない。これでプリンターとはサヨナラで、今後は購入するつもりはない。そのプリンターを導入した5年前の記事がこれだ…

足立にない足立美術館

足立美術館は、世界での日本庭園ランキングで15年連続、日本一に選ばれる庭園と言われているくらい著名なようだが私は知らなかった(ちなみに栗林公園のランキングは11位)。足立と言うと、東京近辺の人は足立区を連想するが、場所はそこにはなく島根県安…

ジムで声をかける

この頃はスポーツクラブでするメニューが決まってきた。エアロビクスとシバムの週3回のレッスン、その合間に筋トレをするといった具合だ。出席する曜日時間帯が決まってくると、参加者も見慣れた人が増えてくる(こちらより前に常連さんは、何だこの新入りは…

1平米のベランダガーデン

我家では広さ1平米弱で、ベランダガーデニングをしている。ごちゃごちゃしているのだが、(朝も良いのだが)秋の午後の日差しを植物が浴びたこの風景は私のお気に入りの1つである。マンション住まいなので、合計11鉢を並べているだけであるが、そのうち6…

はじめての有給休暇

平日は午前中だけだが仕事をしている。基本的にはカレンダー通りの仕事なので、金曜の仕事を終えて、あとは土日で休みだとなると、解放される気分で嬉しい。そんな生活のメリハリがあることは重要だ。 日常的な買い物や役所関連の仕事はコンパクトな香川県で…

挨拶のしかた大発見!

研修の時に「笑顔で挨拶」は繰り返し強調されたことだ。おはようございます!と言って笑顔をと心がけてきた。しかし、それではダメなのだと最近になって気づいた。 具体的に言うならば、例えばこちらが掃除していたりして、予期せぬタイミングで、逆に声をか…

仕事でパニックに出くわす

マンション管理人をしていると、日常は平和である。仕事では日々、平和で何も変化が起こらないことを目指しているようなものでもある。管理会社もそうであろうし、入居者もそう願っていると思う。でも長い間には異変は必ず発生する。そんな非日常に出くわす…

メルカリを使えばと反省

2年前の断捨離していた時に、最も迷ったものが名器と言われる MacSE/30 の処理だ。片づけコンサルタント近藤麻理恵さんの主張する、順番としては最も最後に回すべきカテゴリーの思い出品の1つであった。30年近く前の当時は、とてもときめいていて、存在…

ゼロウェイスト: ムダをなくす思想

ゼロウエイストをブログの説明に新たに挿入したものの、関連記事がないのは気にはなっていた。家庭の一般廃棄物、すなわち可燃ゴミの半分から7割は生ゴミだと言われる。以前に住んでいた市では、生ゴミとその他の可燃ゴミを分別回収していたので区別するの…

転職するということ

会社を辞めることは、ご本人にとって大きな決断であろう。そういった時に誰に相談するか、あるいは誰にも相談しないか。最終的にはご本人の決断となるのだが、その岐路で相談されるとするならば親は嬉しいだろう。 母親というものは、基本的には子が何をしよ…

契約社員は大切にされず残念

4月に次いで10月は人事異動の季節だ。私の仕事の上司も異動になり、昨日に後任の人と一緒に挨拶に来た。こちらは契約社員だから、管理会社から雇われているとは言え、その種の転勤はない。採用の手続きをとってくれた上司だから情もあるが、サラリーマン…

マンションでのコミュニティ形成

年に一度のマンションの管理組合総会、私の住むところでも9月末にあった。私は理事でもなんでもないが、住むマンション総会には必ず出席して、管理費が高すぎると去年に続けて意見した。来年も意見するだろう(笑)から、きっと煙たがれているに違いない。私…

災害時にマンションは安心

このところ天気は安定しているものの、今年は災害の多い年であった。台風が来ると予想されていても、我家のような30年越えのマンションでも耐震基準を満たした頑丈なところに住んでいれば安心感がある。災害でマンションが崩壊したという話は、中国などで…

ふるさと納税の楽しみ

いつも年末頃にする「ふるさと納税」を今年は早めに終えた。ふるさとでも何でもない地での納税である。1ヶ月近く前に政府による全てのふるさと納税返礼品に対し、還元率を3割以内とする見直しの動きもあったため急いだ。返礼品は自治体全体の予算から見れ…

平屋は終の住処になるか

先週末に地元住宅メーカーの平屋のモデルハウスを、バイクツーリングがてら隣の市まで見学に行ってきた。今はマンション住まいだが、その前は二階建戸建住まいで、終の住処として平屋はどうだろうかと思っていた。今のマンションで不満な、隣近所の深夜のテ…

iPad の使いこなしガイド

iPad OSの最新版12.0を導入してみている。それより少し前の版の iOS10 対応の使い方ガイドだが、さほど大きな変化はないので、昨年6月に出版されたこの本で十分だと思う。最も基本的操作は、タップ、ドラッグ、スワイプ、ピンチ。画面の切り替えでも文字入…

「90歳。何がめでたい」で感じる世代観

図書館にリクエストしていた本が、10ヶ月後の数日前にやっと届いた。(私は90まで生きたいと思わないので他人事だが)話題の本のようだったので、途中でギブアップしそうになったものの通しで読んでみた。 90代というと私の親の世代だ。Amazonのレビュー…