にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

水不足対策

私の住む地域では、一週間前に水の汚染可能性で断水になった。実際は、水圧制限程度で、それほど深刻ではなかったが、一部では大変だったろう。飲料水はまだ出回っているので、どこかに買いにいけば良い。風呂には入らくても死にはしない。トイレの水の流すのは苦労するだろう。我家はタンクレストイレだから、風呂の水を流し用のタンクに入れることはできない。だから、残ったままなのかなと心配ではある。しかし、対応次第で何とかなる。

暑い時期だと大変だ。我家は電気温水器の貯蓄水で、三日分程度の水はなんとかなる。今回の場合は、電気は機能するので、それを沸かせば使えるはずだ。どの資源も枯渇した場合、同時にトラブルが起こった場合などを想定して、生活防衛のための策を立案しておかねばならない。


私が子どもの頃、親から電気は貴重品だ、無駄遣いをするな(お金がかかる)と育てられた。後者が主目的だったと思う。今では、なかなか想像しにくいけれど、私の幼少の頃はエネルギーを使わない、自然とともに暮らす生活があたりまえだったのではないかと、あらためて思う。その時代に戻りたいとは思わないけれど、非常時にそうすることは、一度体験しているので決してできない話ではない。現在の文明社会のありがたみを再認識できる機会でもある。