にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

庭に置くと盗られるという発想

私の亡き母は、金めのものを家の外の目につく所に置くと、夜中に通りすがりの誰かから盗まれると言っていた。私も、子どもの頃からそうかと思い、盗られてまずいものは家の中にしまうものだと思っていた。母の人間観は性悪説であったのだろう。亡き父親はクリスチャンだったから、異なった人間観を持っていたのではと想像するが、こちらはあまり会話をしなかったのでわからない。

話を戻して、その理屈からすると、新しいキレイな鉢や、珍しい花のような価値あるもので外でとりやすい位置にあるものは典型的なそれになる。今入れ替え中の外のフェンスにある外向きハンギングバスケットなどは、取り外すのは難しくはないので格好のターゲットになってしまう。

しかし、そのようなことを言い出すと、外まわりは決してキレイにはできないだろう。今でも、地域によっては時々盗られることはあるようだ。とられた時は、しかたない、あきらめるまでだ。そういうことの起こらない安全な住みやすい町にしなてはならない。