にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

2%物価目標とリーダーシップ

新政権になってから、白川日銀総裁が物価目標を掲げることに折れた。 最終的には、自分たちの立場や主張を控えて、世の大勢や期待に従ったようにも見えた。
勤め人をしていると、この手のことは良くある。個人的には反対でも、「社長が・・・と言いはるから・・・」で終わる。ここで、その内容が妥当なことなのか理不尽なことなのかは、別問題である。その理不尽に耐えられないとすると、自らがトップにならねばならない。トップ志向な人は、言葉を変えればわがままだと言うことでもある。

今、安倍内閣は勢いがある。新総裁、副総裁にインフレターゲットを日銀が責任を持ち、自ら進めるという立場の人を選んで、運営されようとしている。トップがそのような立場であると、ことは進みやすい。私は2%物価目標に懐疑的だったが、達成される可能性は十分あるという気も徐々にしてきた。

もうひとつ私は誤解していた点がある。2%物価目標は、毎年1年当りの物価目標であるということだ。2013年ということでは、冷静に考えるならばまず確実に無理だろうということで、私は数年先の目標だろうと思っていたのだ。それが、一年で2%となると、それはすごいことだ。一年目は、「ゴメン!!」で済むかも知れないが、それに近い数値ならば許されるだろう。ポイントは、翌年以降も2%上昇が続くとなると、とんでもないインフレである。世の中は、さぞかし狂乱することだろう。
しかし閉塞感のある今は、ネガティブ思考を打破する姿勢を見せないと変わりにくいことも事実だ。今度の安倍内閣は第一期の時と異なり、今は過去のしがらみが少なくリーダーシップを発揮しようとしている。行動し、変えていこうと言う政権の意気ごみも伺える。今後も、幾多の試練が待ち受けているだろうし、同じ党派の中からの足の引っ張り合いもこれから出てくるだろうが、ぜひめげずに、初めに持った心意気を貫徹して欲しい。

 

*** 鹿児島交通バスでのツアー 初日に泊まった指宿のコーラルビーチホテル

f:id:Miketoy:20130302070042j:plain