にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

飛行機トラブルの記憶

今回の旅行は羽田・鹿児島の往復移動であった。全日空のボーイング社の787機のトラブルで、777に乗った夕闇の帰りの便である。翼の先のライトが可愛い。

f:id:Miketoy:20130303065837j:plain

それとは全く関係はないのだが、飛行機での過去にあったトラブルを思い出した。米国出張時のラガーディア空港から田舎都市Hanoverへの最終便である。翌日にアポをとっていたミーティングは目白押しだった。ローカル線なため数十人乗りの小型機で、日本人は私一人だった。出発は、ほぼ予定時刻通りで良かったのだが、途中で何かトラブルに遭遇したようだった。しかし、アナウンスメントが、何を言っているのだか良くわからない。予定の便は最終便で、あたりは真っ暗だった。何かのトラブルになって、予定の空港に着陸できなくて、別の所に到着すると言っているらしいことはわかった。行き先はもちろん、手前となるとさらに全く不案内な土地であった。

近所の人に、そこから同一方向の人を集めてタクシーに乗れとか言っていたようだった。何度聞いても、(親切ではあるのだが)日本人慣れしていない英語でまくしたてるので、良くわからない。皆帰りの方向は別々で、PickUp依頼の電話をしたりで、残された人はどんどん減ってくる。頼る人もいなくて、本当に心細い思いだったことを今でも鮮明に思い出す。
異国の地で、同じように私単独で逃げ場のない経験を何度かしている。欠けているものは私の英語力不足だ。あまり、そのような冒険はもうしたくはない。これからは、そのような体験をすることはないだろう。乗るとしても日本人の多い路線ですませ、リスクを避けたいという発想は、やはり老化なのだろうかとも思う。