にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

もったいなくて使えない

寒くなってきた。先日に羽毛の布団を購入したから、使おうと思うのだが、もったいなくて使えない状態でいる。そもそもは、一つの羽毛掛布団の袋が一部破れ、羽根が飛び出てきたためであった。羽毛は舞い散るので、それを集めるのは結構コトであった。あちこち飛び散って被害が大きくなる前にということで処分し、新たなものを用意したのだ。しかし、ペアの羽毛布団は十分に使えるのだ。2人暮らしなのに、お揃いでないと布団を干す時に、みっともないという程度の話だ。片方はゴミとして出したのだが、残りの使えるものまで、処分するのはあんまりだ。かといって、中古品として売るほど価値のあるものではない。売らないとしても、このような中古不要物を、"人様にあげる" という行動は上から目線のような気もして躊躇する。

「いつの日にか使うかもしれないからとっておく」の論理は、私の亡き母親は良く言っていた。その結果は、家中がゴミ屑の山と化す。とっておいたとしても、多分一生使わないだろう。どこかで思い切らなくてはいけない。
 
*** 元気度の高いゴールドクレストの鮮やかな黄緑色は、今頃が一番キレイではなかろうか。

f:id:Miketoy:20131020162914j:plain