にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

プリンターで起こるトラブル

プリンターを使っている人は必ず何らかのトラブルに遭遇しているだろう。私はITとは30年以上もおつきあいしているせいもあるが、その手のことは今まででも嫌言うほどある(私の職業人生の最初のまっとうな仕事がプリンターの開発だったこともあるので、普通の人より思いは強いかもしれない)。プリンターのトラブルが自らのことではない人は、頼りになる人が身近にいて泣きつけさえすば、何とかしてくれる恵まれた環境なのだろう。実際は、ソフトのドライバー、アプリ、OS、ネットワーク、ハードウェアとの組合せで正常に印刷させるのは結構複雑な話だ。

私は現在4台所有している。まず1台目は、CANON BJ S600。7-8年は長持ちしたが、今どきのOSでは対応していないので、今ではただあるだけとなった(非常時にWIndowsXPで利用できる)。2台目はブラザーのレーザープリンターだ。モノクロで比較的大量に印刷するので職場専用だ。このところ、紙がジャムるトラブルが続いた。取り除いて、新しい紙を入れる。そうして、再度印刷。すると、また同じことが起こる。一枚一枚、同じことが起こり、腹が立ってくる。紙は新しい紙を使えとは書いてある。しかし、エコのため、裏紙を利用したりしている。すると、ゴミがプリンターのローラーに挟まり、トラブルのもととなるのだろう。得てして締切が近づいている等の大事な時にそうなる。トラブルが出ると、たたき壊したくなる(笑)。紙交換ばっかりしては、全く仕事にならない。今は、Windows8にして、Vistaの流れで行っていたが、新規ではなぜか認識してくれない。5年くらいこのレーザープリンターを使ったろうけれど、数週間前にお蔵入りさせる決断をしたばかりだ。

3台目はHPのPhotosmartB110、当初MacBookAirで無線LAN(WiFi)に対応可能なプリンターが少なく、やむなく購入した。2年目であまり使用頻度は高くないそれを職場に持って行ったが、現時点で無線LANがうまくつながらない。毎回USBケーブルで接続し直している。カラーだから手間でもある。1頁複数枚の印刷をしようとすると抜ける。だから、一枚毎に印刷しなくてはならずムダになる。まだ解決しなくてはならない問題が残っている。

4台目は下記のEPSON。購入は2年半くらい前か。一昨日もトラブル。プリンターが紙を印刷する時に、グシャグシャといって、紙が詰まったから取り除けと何度も指示される。開閉していると、今度は全く関係のない、カラーのインクカートリッジを交換せよと言われる。数日前に交換したばかりだ、バカなことを言うなと言いたい。しかし、EPSONの純正品でないので少し負い目がある。無線LANのルーターを変えたせいでもある。今もMacBookAIrも無線接続で繋がらない。プリンターの開閉をして紙を取り除く作業をしているうちに、手を切って血だらけになった。腹がたつ。マニュアルを見ないとわからない。すると、今度はマニュアルが見当たらない・・・。やっと繋がったと思ったら、今度は別の色のカートリッジのインクがないと言われる。カートリッジ交換だ。こんなに一時期に具合が悪くなることはないのだが。

ともかくプリンターは人を不幸にすることがある。私達は普通に印刷できて当たり前と思っている。大切な商談や履歴書提出などの時に、プリンターのトラブルで・・などは当然ながら理由にはならない。オリジナルのものがファイルとしてあるのならば、ソフトコピーでメールとか、画面で見せて済ますようになれば、エコでもっと望ましいのだが、相手のあることでそうもいかない。当の本人にとっては、プリンターのせいにするしかない。最悪の場合は、お友達のプリンターを借りてでもことをなすことかなと思っているが、保険のために複数台あることは必要かもしれない。でも、3台も続けてトラブルが起こることも、確率的には低いものの今回のように稀にはあり得る。その状況に遭遇することも人生の中ではある。その時は、ご縁がなかったと思い、諦めよう。

 

EPSON EP-803AW (2013前期のEPSONは黒字180億円とプリンター販売は好調な様子)

f:id:Miketoy:20131024110922j:plain