にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

太陽光発電開始から2年

我家の太陽光発電の開通日は今日10月31日で、丁度2年目となる。当時の太陽光発電システムの担当営業は、10年少しでもとがとれるはずと言っていた。10年間の政府・電力会社からの買取価格は保証されている。気候が同様にあと8年続けば何とかなりそうであり、その後はお得な状態か続くはずである。太陽光発電システムの導入可能な条件を満たす陽当たりや屋根の環境があり、かつ合理的な判断をするならば、多くの場合に太陽光発電を入れないという手はないということになる。

ただこのところ、政府の再生可能エネルギー基本計画では、太陽光発電への偏重を是正するとの動きが顕著だ。太陽光発電にだけ過剰に援助し過ぎということで、買取価格は来年は30円台前半になりそうだ。最終的には、通常の電気の購買価格そのものにまで下がっていくだろうとも言われる。システム導入時の政府の買取額補助指示も徐々になくなっていく可能性すらある。それでも、システム自体の価格性能比は向上しているから、きちんと採算計算をした上でならば、メリットは享受できると思う。具体的な採算の計算は明日のプログにて記す。

*** 太陽光発電パネル (後方に見えていた目障りな電信柱をレタッチを使用して消してみた)

f:id:Miketoy:20131028163642j:plain