にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

同じことばを繰りかえす

猪瀬東京都知事徳州会資金問題で、便宜を図っていないと強調している。しかし、同じ言い訳の繰り返しばかりと言われている。だから相手(議会や都民)は納得はできない。
同じようなことが地元自治会で班長さんからの意見聴取であった。役員を輪番制に戻したいということに賛成か反対かということだ。私は反対を表明した。実際は、いろいろな事情で役員をできない人がいるので、その状況を踏まえてパスするとか、新しく引っ越してきた人に優先的に役員をやってもらうとかすべきであるというのが私の主張だ。その主張の是非はともかく、今のしくみになっているのはそれなりの理由があるのだろうから、そのメリットとデメリットを提示して欲しいと言ったのだが通じない。何も考えずに(そう私には思えた)、自らの持っている結論、すなわち "順番に" という解決策にこだわっているような気がしてならない。私の言いたい趣旨を相手に理解をしてもらえていないという感じがした。何度言葉を変えて言ってもわかってもらえず、一方、相手の主張の私からの「なぜ?」の問には相変わらず、根拠なしに、ただ同じ "順番に" と結論ばかり繰り返すだけ。最後は、情報不足のまま班で多数決にしようということになる。これでは議論は深まらないし、相互理解もおこらない。話すだけ無駄といえば無駄である。こういう人たちと一緒に仕事をしたくないなと思った。
 
***  家からの朝日の眩しい出勤前に西前庭を眺める

f:id:Miketoy:20131205164650j:plain