にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

そんなに素晴らしい人はいるのだろうか

Amazon Amazonインスタント・ビデオで、日本モノも観てみた。山田洋次監督の東京家族」、井沢満 作の「花嫁の父」はとてもよかった。私が評するしたら、両方とも★五つで、他者に積極的に薦めたい作品だ。

 

東京家族」では、息子のパートナーとなろうという人 (蒼井優 役) が素晴らしい

「花嫁の父」でも、娘のパートナーとなろうとする人 (向井理 役) も素晴らしい。

 

このような温かい心を持っている人なら、どんな父親でも母親でも、喜んで愛する息子や娘をその人に委ね、ぜひこの子の将来を・・とお願いしたいと思うだろう。でも、今のせち辛い世の中で、これほどまでに相手の気持ちに献身的で素晴らしい人が果たして存在するのだろうか。そのような人は現実の中ではあり得ないフィクションだからで、ないものねだりかな? とも思わないでもない。でも、いたら素晴らしい。いて欲しい。できれば、少数でなく、たくさん世の中にいて欲しいと思う。

 

*** 玄関脇花壇 ガーデンシクラメン3兄弟

f:id:Miketoy:20131210164950j:plain