にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

年賀メールの15年

年末年始の友人への挨拶は、私はメールで済ましている。いろいろと凝った年賀状をと思ったこともあるのだが、この頃はシンプルな文字だけの短いメールだ。1999年からそうしていて、計15年分が下記にあるメール送受信のログだ。年ごとにフォルダーを分け、さらに6つくらいの分類して管理している。パソコンなどの機器のハード、ソフトの入替時に、これらのデータを完璧に移行するのは大変な作業でもある。そのためには、シンブルな汎用性のある主流なファイル形式のものが望ましい (という理由にて、Thunderbirdのメールソフトを私は使っている)。
シンブルなメールと言えども、数十件を手作業で作るとなると、やはり手間はかかる。不注意での誤送も今まで何度かあって失礼してしまったこともあり、細心の注意を払う必要はある。一つひとつ作成するのと、年賀状のように一括大量処理をするのとでは、トータルの消費時間はそれほど変わらないかもしれない。しかし、重要なのは、作成する時間でも、消耗品にかかるコストでもない。毎年同じような文面の機械的に印刷されたもので、一言もメッセージのない年賀状だと寂しい。やはりご挨拶は、"心" でありたいと思っている。

f:id:Miketoy:20131224074440j:plain