にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

平常食に戻る

三箇日を過ぎると、おせちの跡形がなくなってくる。おせち料理は、現代風であればそれじたいは悪くはないのだが(それに限らず好みのものにおいても)、同じものばかり食べていると多少飽きてくる。お正月前のつまみぐいの時が一番美味しい(笑)。
我家では、もちを食べるのが元旦の朝の雑煮だけだし、 1月2日の朝から(昼夜は正月モードを保つ)は、通常通りのパン食メニューだ。少し変わっているかも?という気もするが、世の風潮に合わせても良いなとは思ってはいる。自分たちが、どの程度特殊な位置にあるのかは知りたいところ。ただ今の時代では、もはや「標準的」なものはなくなっているのかもしれない。
 
*** 昨日の食事というわけではないが、平常食は安心する食事だ(写真はまぐろとアボカドのづけ丼)。お正月料理はそれ以上に良い特別料理ということで・・。

f:id:Miketoy:20140101112135j:plain