にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

「はてなブログ」の癖

昨日で42973の登録があるブログ村」のライフスタイル分野を今回のブログ分析の基準として、(言い過ぎかも知れないが)世間の鏡として解釈したい。それと、1829登録数のはてなブログ」と比較して考えてみたい。比率的には、はてなブログでの "ライフスタイル" は1/20弱のコミュニティということになる。この「はてな」で、ある程度の位置を占めるている人達はとても文章力が高いなと思うし、ブログの質も相対的に高いと思う

それはさておき、ブログ村のコミュニティでのライフスタイルは、さらに下記のように細分化され多岐にわたっている (赤で囲んだところが私の関心分野である)。

f:id:Miketoy:20140318165214j:plain

 

(読むだけの人は少なく)読む人は書く人でもあり、すべてのブログが同一のランダム性を持つと仮定すれば、若い世代の利用の多いブログでは、私のようなシニアブログには関心を持ちにくいだろう。逆の関係で、私も当初は若い人たちのブログを、彼らのライフスタイルのありようとして面白く観察してきたが、このところ飽きて来た気がする。そうなると、互いに持続的な読者にはなりにくい。

はてな」がブログ村と1/20くらいで相似形のコミュニティであるとするならば、その同一関心分野の人は自ずと少なくなる。例えば、ブログ村の「エコライフ」登録者は、ブログ村のライフスタイルの中の 572/ 42973 = 1.3% なので、はてな1800ブログにおいても、同一比率と考えると、? / 1800 = 0.013 とすると、? は24人となる。その人たち全員がアクティブであるかは、極めて怪しい。ともかく、その程度が同一分野に関心を持つ人となるが、彼らが毎日アクセスという非現実的な想定をしても、アクセス数はその程度である。

次は別分野のガーデニングでの話である。ブログ村では 15000余りある登録者数は「ライフスタイル」のそれの35%相当である。ガーデニングのブログは毎日欠かさず見るくらいに高い関心分野なのだが、あまり記事が載せられていなくて、私なぞは最初からランキング競争の土俵にない。そのガーデニングに相当するのは、はてなブロググループでは「植物」カテゴリーと思うのだが、登録数は67で最小に近いグループである。"植物"とは色気のないネーミングだが、恐らくそういうことをしない人が名前をつけたのだろうと思う。となりの「ベニシアさんの四季の庭」というガーデニングブログと単純に合計しても150程度である。これは、はてなのライフスタイルブログ比としても、8%程度で少ない。植物を愛でようという人の比率は少ないのは「はてなブログの世界」での特徴なのかなと思う。

 

このようなことは「ブログ村」のような外を見て初めて分かる。ターゲットとしての読んで欲しい人を気にするなら、考慮に値するポイントの一つと言えるのかもしれない。

http://www.flickr.com/photos/24167650@N00/3264095428

photo by Valeri-DBF