にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

タブレットで何でもできる

今日は卒業式で、式典終了後の卒業証書を渡す。ゼミ生と会話をする最後の機会だ。その時に、大学キャンパスの写真などのスライドショーに、卒業ソングをBGMとして流して、最後のお説教をする(笑)。

その時の陰の役者は今まではパソコンだったが、今年からは完全にタブレットだ。
研究室に来ているLANケーブルからはWifiアダプターは常時セットしてある。それに加えて、プロジェクターにHDMI変換アダプターをかませ、さらにMircastをするためにワイアレスアダプター(ミラブレ)を介する。音声は、プロジェクターから外付けスピーカーをセットしておく。
私のYogaタブレットは、Androidでワイアレスディスプレイがサポートされているから、少し離れた場所の手もとからリモートでBGMスライドのコントロールできる。この手のスマートなプレゼンテーションがタブレットで、線の煩わしさなく完結して操作できるのは、とても快適だ。今までは、パソコンのファイルをもとに、ワイアレスのマウスを使い、アダプターやケーブルはごちゃごちゃしたまま演じていて見苦しかった。

今ではタブレットで、オフィス系の処理や印刷はもちろん、音楽の切り貼りから、画像表示や修正など、何でもできる。なぜあえて10万円から20万円もする高価なパソコンを購入する必要があろうか。しかし、世の中ではマイクロソフト社のOSのWIndowsXPのサポート終了前にWindowsパソコンへの買換えで、パソコンの需要は堅調のようだ。世の中の大多数の人は、オフィスソフトを使う程度だと思うし、それすら使わない人も少なくない。それなら、3万円近くで購入できるタブレットを使おう!!と言いたい。iPadだってAndroidだって大して変わりはなくできる。
そのためには、適切な機器を選択して(例えば、USBホスト機能を持っている等)、 "使いこなす力" が必要になる。個人利用の流れは、ワイアレスでタブレットに向かっているのは明らかなので、それに備える必要があるだろう。 

http://www.flickr.com/photos/18090920@N07/9736658840

photo by Sean MacEntee