にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

旅行中で一番気になったこと

旅行中に最も気になったことは植木のことだ。この間に、東京近辺は暑い日もあったようで、一週間の植木の水切れが気になり、関東地方の天気予報をずいぶんと気にしていた。 長期の留守がばれることによる泥棒が入ることもそうだ。私の過去ブログをつぶさに見れば、場所を特定はされる可能性は高いからだ。ともかく帰っての一番に気がかりは、その2つ。郵便物の留め置きの届け出をしていなくて、それはできないと言われたが、ポストに押し込んでもらっておいたようで、留守は目立たなかったが。異国の地にいては、不在期間中はどうしようもないことなのだけれど、 今後も注意は払いたい。

*** 帰宅直後の庭。水切れ気味で、元気がないように見える。昨日に水はたっぷりと与えた。

f:id:Miketoy:20140507174354j:plain

私の住む地は戸建住宅地区なのだが、ご近所さんに、水やりのお願いを・・というまで、親しくはしていない。いつも、「おはようございます」、「こんにちわ」の挨拶をするだけで、それ以上の会話はしていない。一部の人同士で親しい関係はあるのだろうが、私には全体的に関係は薄いように見える。一週間前の出発前日の、ごみだしの曜日の時に、私は行先は告げずに「一週間ほど留守にしますので・・」、相手「はい」、がすべての会話だ。
果たして、地域と言うものがそれで良いのかどうかは大いに疑問ではあるけれど。