にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

植替失敗の告白

この春に花壇を新たに増やし、順風満帆の庭作りのように見えるかもしれない。しかし、実は植替えに失敗している。我家のコニファーの中で、育ちも形も一番整っていた自慢のゴールドクレストだった。それを東前庭の東側角の特等席に配置したのだった (3/25日撮影)。

f:id:Miketoy:20140630173356j:plain
しかし、どうも遠くから見ると、右斜めに傾いているようで気になっていた。長い意味で不満になると思い、植替え数日後に根を再度掘り返して植替えをし直した。その後、 1、2週間して、他の草木はそだっているのに、このコールドクレストだけ育ちが良くないのに気づいた。
死因は病気や害虫ではなさそうだ。おそらく、根を下に十分に張ることができなかったことと推察される。植穴を掘ったあとの灌水を十分にしないで、植込んだこともあるかもしれない。他にも、心当たりがあるのは、根を崩したことだ。もっとも根を崩したのは、3年間、鉢のままで植替えをしなかったためでもある。下土も固く、もしコガネムシの幼虫が潜んでいては、これからの花壇の展開にとっても良くなかろうということで、根の土を幼虫を排除すべく、かなりもみほぐしたのだ。そのとき見た限りでは幼虫は出てこなかったし、根はとても立派に張っていた。
 
ともかく、それらの対応が適切でなかったせいか、新たな葉は出てこず、既存の葉はチリヂリになって弱っていった。ゴールドクレストは今までも何度も枯らしているので、末期症状な様子は見ればわかる。植替え一ヶ月後の4月末の写真が下のものだ。f:id:Miketoy:20140630173407j:plainその後は、どんどんと茶色になっていって45日目がこれ (撮影角度のせいでナナメになっているように見えるかもしれないが)。もう再起不能状態に至ったようなので、数週間前に処分をした。やはり主力の植木の死に直面するとやはり悲しいし、真の原因は不明なまま学習が十分にできず、いつも結果論で 「反省!」 で終わってしまうのは残念でならない。

f:id:Miketoy:20140630173419j:plain