にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

蚊除け対策

この頃はいつも朝、4時頃に起きる。そして、まずはコップ一杯の水を飲む。その後に、新聞をとりにいく一環として、外に出て庭の植物を見て、毎日へたっているペチュニアの花がら摘みをする。
一方、暑くなってきたせいで、蚊が大量に発生している。寝起きのような格好で出るため、足や腕はむき出しのままだから、毎回蚊に刺される被害にあう。ちょっだけだから平気だろうと何も手当をせずに出てしまい、後に後悔するとともに、朝から不快になってしまうこともしばしば。

手軽な蚊対策はないものかと思っているのだが、トップブロガーさんでさえ、扇風機を後ろから吹き付けるとか、蚊より早起きするとかで苦労しているようだから、決定打は見つかりにくいのだろう。

虫よけスプレーなど、刺される前提で手足に吹いておくというのも腹がたつし、刺されないかもしれないので面倒だ。朝から、長袖、長ズボン、顔を覆って・・とそこまで完全装備をして外に出るのは、気合いの入りすぎで寝起きからそれでは気が重すぎる。

蚊に刺されずに済む効果的な対策の真実はつかみにくい。汗をかくと、蚊が寄ってくると言われるので、朝一番の水を飲むのを遅らせ、発汗を抑え見回り後とした。まだ二回の試みだが、刺された量は少なかったような気がした(たいした発見でもないが)。しかし、個別環境で著しく異なるので比較実験ができないし、因果関係は、その数日の気温や湿度など、他の要因もあるのでやっかいだ。他の要因を、全てコントロールしない比較はフェアではない。人は一時点で、一つの場所にしかいられないので、基本的には比較することは不可能で、唯一の手がかりが「数値」だ。こういうことを言いだすと、理屈っぽいと怒られる(笑)ので、ここでやめておく。