にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

「今まで知ってきたものだけで良い」という姿勢

7月25日の日本経済新聞夕刊で、眉村卓氏がコラムで、好きな食べ物という記事を書いていた。

だからといって、新しいあこがれの食べものを探すほどの意欲も根性も、私にはない。もう年なのだ。これまでに知ってきたものだけで、もういいのである。グルメの人には軽蔑されるであろうが、そういう世代、そういう育ちなのである。

眉村さんは79才、私も60になってこのような気持ちは、(食べ物だけに限らないのだが)とても良くわかる。得体の知らないものを食べて、腹を壊したくはない。若い人にはそんな「守り」に入って欲しくないのだが、結構そういう人は多いように見受けられるのが気にかかる。 

 

*** 我家で土用の丑の日に食べた鰻は、この半分くらいの量だった(笑)。http://www.flickr.com/photos/85063250@N00/4830180061

photo by Kawa0310