にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

無線LANにつながらないでパニック

昨日と一昨日は無線LANがつながらなくてとても困った。てか、無線LANはつながるのだが、その先のルーターからのインターネットがつながらなかったのだ(我家のインターネットはケーブルテレビ接続)。暇つぶしにネットで遊ぶのが毎日の習慣になっているから、機能しなくなると手持ち無沙汰で困る。

ルーターの「電源オンオフをしてリセット」が常套手段だが、その後に一台だけそれも断続的につながったとしても、そのうちまたつながらなくなる。無線LANでつながっているマークは出ている。ただし、「!」マークが出たり、認証に問題と、IPアドレスが取得できず接続中のままだ。不思議なことに、初代iPadだけはすんなりとつながったが、パソコンを含めた他のものがどれでもダメだった。
「私の能力を超える!、お手上げ!!」と結論づくのは、だいたいサポートの時間が終わっている6時過ぎの時間帯になる。電話をかけても長く待たされるし、できればあまりしたくはない。翌日には直るかな・・と期待し一晩我慢したが、翌朝もダメだった。ブログは、先日用意したばかりの 3GWiFiルーターという別ルートからのインターネット接続の道があり更新できて良かったが、徐々に禁断症状が出てきた。

原因、対処方法は良くわからない。その後に、ルーターケーブルの抜き差しをした拍子にポーンという通知接続音とともに直った。

やはりネットなしの生活は、1日が限度だ。インターネット依存症になっているのだろう。そんな人は私だけではないと思うので、ネットが機能しなくなると、世の中はパニックになるのではないだろうか。

何事でもそうだが、失って初めて、今までそれが機能していたありがたみがわかるなと認識し直した次第。インターネットの存在、そしていつも動いてくれていることに深く感謝である。

http://www.flickr.com/photos/61423903@N06/7309654004

photo by FutUndBeidl