にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

ネット接続トラブルに堪える

ネットがつながらないことが多くなった。掃除機をかけたりして静電気が発生してか原因不明だが、つながらなくなるのだ。原因はPlanexのWIFIルーターなように思われる。再設定をマニュルにある指示通りに何度もやっているのにログインできない。でも、気まぐれなように、何かの拍子に動作しだす。その規則性がよくわからないのだ。暑さのせいで夏バテしているのなら可愛げもあるが(笑)、人工物なら原因があり結果がある、作られた通りに動くはずなのだ。

指示書が不親切で腹が立つのは、マニュアルを書いている人がいろいろな場合を考えて、またわかりやすく記していないせいなのだが。そのために、多くの人がいかに非生産的な仕事に多くの時間を費やしていることか、大げさだが社会的損失でもある。問い合わせの電話は余程のことがない限り、したくないし億劫だ。毎回「レコーディングされています」とか、「日本語の人は1を・・・」とか、機械との無機質的な応対をするのが苦痛だ。早くオペレーターにつながって欲しい。その後もわかる人にはわかるだろうが、解決までの道は遠い。こんな難しい手順を人々はできるのか不思議だ。全く理解できないお年寄り等なら、ネットを使うこと自体を諦めてしまうのではないか。そうなる気持ちも良くわかる。
 我家はケーブルテレビからのネット接続なのだが、関連機器の全部をお任せするというサービスも有料OPTIONである。しかし、それを利用するのは癪にさわる。いつの日にか余りにも自分が無力に感じるようになったらやむを得ないとは思うが、まだ多少現役として持つだろう。
 
その点、Appleの製品は、私の身びいきもあるかもしれないが、私の感性と良く合うので、ほとんどそのような苛つきはない。そのApple製品も20年以上前には同様な原因不明の爆弾マークは頻発したものだが都合良く忘れている。爆弾マークは今はなくなり、虹色の丸が廻り固まるだけだが、その種のハングアップ、フリーズすることは、どの情報機器でも、また今日でも必ずあるだろう。とはいえ、その頻度は、システムが複雑になっているにもかかわらず著しく減少しているのではと思う。IT業界の人たちの汗の賜物なのである。少しずつバージョンアップでされ改善され、言われてみれば前はそうだったねということで、気づきにくいからだろう。
 
文句を言うのはこのくらいにして、でもダメだと諦めるのでもなく、踏ん張って試練に堪えよう。そうすればネットの世界が開ける。そのような遭遇するトラブルを解決しながらブログを継続できることはとても幸せなことだ。生きることも同じ。いろいろな困難を乗り越えて「今日」がある。 このつながっている状態が末永く続いて欲しいと思う。