にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

若くしてお年寄りなどの思いのわかる人はスゴい

私は世の中の行く末に関しては不安があり、やや悲観的でもあるのだが、プロボノ社会起業家が国内でも芽生えている明るい面も存在していることは事実のようだ。

年を重ねると、自分自身の過去を振り返って、あの年代頃はこうだったなとかのある程度の想像はつく。しかし、今の年の先に関しては想像しても良くわからないのが本当のところだ。男女の違いでも、ある程度同様なところがある。
私は親の気持ちを彼らが亡くなる近くまでわかろうともしなかった反省もあるのだが、自分の不得意だったところでもある。良く、母親から「お前は自分一人だけで生まれてきたと思っている!!」と怒られたし、私が鈍感だったのだろうか、その意図するところも比較的最近までわからなかった。
感受性高くお年寄りの気持ちにきめ細かく寄り添いケアをしようとする、そのような私のできなかったことを若くしてできる人を見かけるとすごいなと感心する。女性が多いような気がするのだが、それは女性の本能的なものなのだろうか。ともかく頭の下がる思いだ。