にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

自民党の人事問題も、最後は組織に・・・・

内閣改造自民党役員人事が今日発表される。石破茂現幹事長の、幹事長ならやりたい、安保大臣ならやりたくないとの発言問題に関して、古手の幹部からは非難囂々だった。いろいろな考え方はあろうが、私は主張すべきはすべきて、石破発言は決して無効果ではないと思う。それによって、後々に安倍首相近辺から嫌われる可能性は大いにあり得るが、それを覚悟して相手を見ての判断だろう。

幹事長といえども、「組織人だから首相の判断に従う」というのは、十分な議論をした上でなら良いのだがそうではないようなので、やや違和感があったが、良いポジションを獲得するための戦略かもしれない。総論としての方向性は一致していたとしても(実際はそうではないと思うが、たとえツーカーの間柄だとしても)、細かいところで意見の食い違いは、近いところで仕事をすればするほど起こることは常だ。2人とも要職にいて多忙を極めているだろうから当然十分に話す時間があるはずはない。幹事長は大臣以上に発言力がありそうだが、No.2でもそうなのだろうか。そんなモードとなると、その影響を受けない人はただ一人だけとなる。

http://www.flickr.com/photos/68842444@N03/13895640668

photo by Secretary of Defense