にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

もう限界!とルーターを交換

このところ連日のようにAmazonで購入ボタンのクリックをしている。今回は、WIFIルーターである。

インターネット接続のためのWiFi接続が、このところ断続的に接続できなくて、その問題解決のために多くの時間をとられて苛ついていた。不規則に起こるインターミッテントエラーというやつだ。DHCPがうまく機能せず、IPアドレスが一つしかとれないため、1台なら何とかつながるが、2台以上を同時に使うと機能しない。ルーターの電源オンオフを何度も繰り返して再起動しているので、コネクター部分もユルユルになりかけている。今後ずっとこうだと絶望的になる。

購入するとしたらトラブルのあったPlanex社以外のにしようとも思ったが、別の会社のものとなると、また設定の手順などが異なり製品毎の独特のクセを覚えるのは面倒だ。逆説的だが、ハードウェアの老朽化とみなし、同じ系列の類似製品に買い替えることとした。

商品到着後のセットアップが完了し、快適につながっている。これで残りの人生を無意味な時間にて消費せずに済む。また、想像以上に小さくて旅行時にも手軽に持って行けそうだ。
今回の教訓は、壊れかけていたり不具合のまま使うのはやめて、きちんと措置しよう、そうすれば元気がでるかも・・ということだ。


**** 二週間後に、この機種でもまた再発。ルーターを24時間電源を入れっぱなしにしているせいで、熱を持つのかもしれない。しばらく休ませることが、必要なのかもしれない。


**** 3カ月後の追記、 その後も何度か再発で、このルーターを叩き潰したいくらいに嫌になった。同時にオンオフをしても何かデータが残るようである。現時点では、次の手順で一つずつ機器を分離しながら問題判別を進めると良さそうなことがわかっている。12.16.2014

1. 電源を切って、数分間おく。その後に、ケーブルモデムとWifiルーターの接続ケーブルを外し、Wifiルーターだけつなげるようにしておく。

2.  その後にタブレットから、Wifiルーターが接続している、電波のアンテナがたっていることを確認し、指定の機器を選択する

3. その後に、外したケーブルモデムとWifiルーターの接続ケーブルを再接続し、インターネットに接続されていることを確認する。