にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

医療費は社会のメンテナンス問題

社会保障では、いつも年金が焦点になるが、次なる問題は医療費問題である。私の場合は現在月額で24000円弱の医療保険を払っているが、ボーナス時の天引き分も加算すると年間で40万円近くになる*1
退職後の特例医療保険に加入した後でも、年間で34万円の保険料支払いは必要となりそうだ。今は仕事をしていて給料から天引きされているので、さほど気にとめていなかったけれど、月額3万円近くの医療保険負担とはえらい金額だ。それに自己負担分の医療費がかかる。

世帯人数、負担額等で実際は複雑であろうが、ここでは直感的にわかると思われるラフなモデルを考えてみた(おそらく厚生労働省はこの類いのモデル計算はしているはずである)。
総務省家計調査年報(家計収支編)によると、世帯あたり医療費個人負担額は平均して月あたり年代に関わらずほぼ1万円である。3割の利用者負担と考えると、実医療費用は約3万円となる。一方、医療保険負担額は年代により異なる。私程度の月平均額3.3万円保険で負担し、月平均で4000円の医療費がかかるとすると実医療費1.2万円なので、差額の3.3万円 - 1.2万円 = 2万円の払い損となる。

大雑把に言えば、3万円保険料負担で 1万円の医療費ならばトントンとなる。もし月額平均で2万円の医療費がかかっているとすると、実医療費は約6万円 (医療費が1割負担だと20万円になる!!)。これは医療費のかかる人が得をし、かからない人が損という構図だ(年代別でマクロに見ると、シニアと若者の関係に置換えられるかもしれない)。

中には、医療保険を払っているのだから、医者にかからなければ損と考える方もいるようだ。医者にかかるのは、運もDNAもあるので個人の努力とはあまり関係はないかもしれない。とするならば、お互い様で時には余計に負担することもあろうから、私は過払い分を返せなどという気はさらさらない。しかし、改善指導を受けなかったり、自己管理できていない人まで、残りの人で負担をし続けるとなると不公平感を感じないわけでもない。

日本はまだ豊かな国だから、今のシステムで何とか賄えるかもしれないが、国家破綻になってまでそれは期待できないし、そうなるシナリオもないわけではない。でも「問題ってホント社会をよくするよね - Chikirinの日記」と考えれば何とかなるのかな (もちろん、関係者が何らかの手を打つという前提であり、誰もが無責任で良いというわけでもないが)。

*1:実際は勤務先の折半負担があるから、この倍額となる。