にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

園芸をきちんと学ぼうかな

私はガーデンデザインには興味がある。今までも地元の図書館に行って、手当たり次第に関連本を読んだときもあった。その後もその種の通信教育の資料を取り寄せたりはしたのだが、花壇のとりあえずの完成後には興味は失せた。
ガーデニングで特に思うことであるが、お金をもらう側で仕事にするには、きちんと体系だった知識と経験を持たないといけない。ただ、今後に住まいを何度も頻繁に変え、庭造りをすることは少ないだろうし、今の自分の家の庭だけで良いという気もある。今さら一般論として勉強するのはなあと思うものの、今後の分野を変えた社会貢献の可能性も考慮して、断片的な知識だけではなく体系的に学びたいなという気持ちもある。県ごとにある技術専門校は、就業訓練のための学校のようだ。園芸や住宅リフォームの6ヶ月コースの学科もあり、そこで基本的なことを学ぶことは面白いかもとリタイア後の有力な選択肢として考えるようになった(仕事をするかは別問題)。学校では時間も限られているから、デザイン分野までそこでカバーされることはないだろう。そこまでキチンとやろうとすると、ガーデニング先進国であるイギリスやオーストラリアでの勉強が必要になるだろう。若いときならまだしも、今ではそこまでの気力には欠けるのだが。

http://www.flickr.com/photos/65978013@N03/6237693508

photo by Landscape Design Advisor