にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

人生で一番大切なことは何だろう?

人生で一番大切なこと、それが果たしてできているのだろうか、時として考える。私はこのところ、自分自身に、そして社会に対しても要求水準が下がってきているかもしれないと感じている。考えてみれば身を滅ぼすことなく、また社会悪に手を染めることなく、ここまで生きてこられた。税金も各種保険も言われるまま納めてきた。そんな当たり前のようだが、できていない人は少なくはない(この世に当たり前のことなどない)。当然と思われることでも、それをキチンとやっていく、それは平和な社会にとっては重要なことである。

さらに、次の世代の子ども達を授かった。子を持てなくたって、独身だったとしても卑屈になる必要はない。社会全体として、その時代を一生懸命に生きることをして、結果として他の人たちと共に次の世代に何らかの形で橋渡しをすること、それができれば、誰しも合格な人生ではないか。
人間1人で出来ることなんて、たかが知れている。特別な賞をもらったり、立派な業績を上げる必要なんかも、さらさらない。私なりの結論は、今の時代を懸命に生きて、次の世代に引き継ぐことができる、出来栄えは問わない、それだけである。それ以上、何を求める必要があろうか。