にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

老後を見据えた女性にとっての幸せ

私は女もできるだけ外で働くべきものだし、一方、男も自分の身の回りのことはできなくてはならず、互いに自立を基本とすべきと思っている。リタイア生活の収支を本格的に考えはじめて、今まで外で働く男の視点でしか見ていなかった自分自身を再認識した

妻は働いていた人なので専業主婦バッシングが多少ある。仕事をしても、男女平等で扱われず若い時に不愉快な思いを多くしたようだ。そんな職業婦人ではない専業主婦は優遇され過ぎているという主張だ。そうかもしれない。年金額計算をしてみると、女性の立場からは専業主婦をし続けるのが最も幸せな道かもしれないと思い直した。昔から親世代から語り継がれている高級取りのサラリーマンに嫁いで幸せをとは経済的な側面に限っては未だ正しい気もする。

この種の不平等は世のあちこちあり、適切でない制度は是正されねばならない。そこでは他者の妬みの可能性も忘れてはならない。不毛な議論になるが、自分が正当に評価されていないというのと同様に自分の取り分が増えないとなると、あの人は貰い過ぎでずるい!という主張に転換し、不平等だ、もっとひき下げたれ!と、その人の足を引っ張る行動にもなりかねない。自分がその対応にあたる時には、たとえ正当な主張でもそのような不満分子を上手くあしらえないと、思わぬとばっちりを拾い怪我することもあり得るので細心の注意も必要である。