にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

リタイアしたらクルーズに行こう

http://www.flickr.com/photos/57915000@N02/7767994450

数日前に H.I.Sのクルーズ旅行のチラシが入っていた。定年退職などでの慰労のためにクルーズに行く人は多いようだ。私は当初はあまり関心がなかったが、価格が意外とお手頃と思い、船旅も面白いかもとネットでも検索をした。↓

http://www.his-j.com/tyo/cruise/cabin/costa/?cid=ggl_cruise_j&gclid=CKqhhfLancQCFU6VvQodzX8AQA
 
定年退職は行事のようなものだ。それも、普通は一生で一度だけのである。人生の節目をクルーズで括るのは有意義かもしれない。時間のたっぷりある、また資金も余裕のある人に限られる旅行となる。となると,ターゲットは退職直後のシニアになるのだろう。
 
海外まで視界を広げると、地中海クルーズはさらに魅力だが、往復の飛行機代が純増になり、価格が高くなりすぎだ。クルーズの部分だけ取り出せば、価格は同程度であるので船旅を楽しむという意味では、国内もので十分だし、やはり日本語の通じる世界で過ごしたい。
 
船旅は、久しぶりだ。37年くらい前だろうか、日中国交正常化で、博多から大連に10日の船ツアーで行って以来だ。当時は二級船室で二段ベッドだったような気もする。資料があれば貼り付けようと探したが、もう処分してしまったようだ。船という閉ざされた空間だから、友人などはできやすいのかもしれない。出あった人たちと親しく会話をし、その後に親交を深めて、相互に行き来をしたい等とはあまり思わないが、拒否するものでもない。

私の場合は、現時点では来年の3月末退職(定年退職ではない)を考えているので、実際に行くのは来年連休前後だろう。期間は一週間くらいで、上記のものは1人9万円位から、客室によって価格は大幅に変わる。多分最安値クラスから選択すると思うが、こんな記念の時だから、大奮発して(笑)、最安値から2番目くらい(プラス1万円)の部屋にするかな。その旅にて気分を一新し、第3ステージのリタイア生活に突入することになる。これはこれで、海外などとは異なった楽しもがありそうで待ち遠しくもある。