にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

「にほんブログ村」に登録から1年して思うこと

にほんブログ村」に本格的に登録してから1年がたった。この頃毎日必ず読むのは  シニア日記ブログ村だ。書き手の多くは60代前半のように思える。このジャンルには、私の近未来を考えるヒントを与えてくれる面白いブログが多い。

このところ日本ブログ村で、(登録しているジャンルによるのだが)どういう記事ならアクセスが増えるかわかってきた。60代シニアにおいては「年金」と「老化」の話に決まり! だ。元気がない話のように思うが、ブログを書く人は、抗えないそれを前向きに受けとめている。私も同じで、その正解のない人生の課題をいかに乗り越えるかの模索をしているようだ。

50代でのシニア日記は、シニアと言っても質的に異なり、まだ現役で仕事をしている人が多いようで、人生の課題は異なるように見受ける。年齢層のさらに若い人が多いと思われる私のホームベースの「はてなブログ」のライフスタイルに至っては、その手の話題は全く受けない。「はてなブログ」では、お役立ちやウケ狙い的記事が多いのだが、比べてブログ村のシニア日記は地味だが堅実で、性格は異なるような気がする。そのデータとして、私のブログのアクセス比率を次に事例として示したい。

 

f:id:Miketoy:20150315045821j:plain

ニッチ分野に狙いを定めて上位ランクに位置するのは初期のブログ書き継続のモチベーションを保つ戦略としては良かったが、やはり自己満足でしかない。私のブログも、このところ少しずつだが方向転換しつつある。一週間前からだが「シニア日記」senior.blogmura.com の本丸に参入して効果が出てきている。それまではライフスタイルの中の「60代以上の生き方」lifestyle.blogmura.com には登録していた。類似した分野ではあるが、シニア日記は、60歳以上のライフスタイルより日記的なのと更新の頻度も高く規模も大きいのが異なる。

シニア日記の本丸に参入するためには競争が激烈で、普通に書いているだけではランキングの大幅ダウンは必至だ。そこで、割振り率を見直すことにした。ガーデニング関連 flower.blogmura.com の記事は最低の10%に落とした。エコに至っては30%にしていたが、もうゼロと登録を外した(ぶろぐ村では登録カテゴリーは3つまでなので。上記データではライフスタイルに入っている)。60歳以上の生き方も10%と下げた。ポイント資源の残り 80%を60代シニア日記に投入することとして、現在はアウトポイント順で46位。順位は大幅に下がったが、 545の大規模コミュニティなので結果的にアクセス数(OUT)は増加している。上位のシニア日記の方のブログとは大きく差をつけられているので、今以上の上位進出は到底無理だろうが、50位以内にはとどまり続けたい。それ以下だと、次の50位の閲覧とページをめくる必要がある。脱落しないよう程良い緊張感も保てる。所詮ゲームなので、深刻にはなりすぎないように、しかし真剣に楽しみながらブログ書きに取り組みたい。