にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

ケイタイも断捨離!!

ケイタイを止めるかどうか悩んでいる。スマホは、本体価格も月額基本料金が高いので嫌だ。今使っている3Gケイタイで低額なホワイトプランだと言えども、月額で約1300円かかっている。このパナソニックケイタイP831も、その前の東芝ケイタイも約5年使っていたのだが、一般的な人より長持ちと思う。すでにサポート対象外になっているので、壊れたら問題だ。ケイタイなしだと、果たしてどんな不便があるだろうか。

 

*** ゴールドの帯の質感はお気に入りだったが・・・

f:id:Miketoy:20150314171845j:plain

タブレットはあるので、その(価格が安い)WiFiモデルで代替できないかと、この間ずっと迷っていた。ソフトバンクの無料のWiFiスポットも大手の駅やスーパー、コンビニでは入っているので、そこまで行きつけば、メールもウェブもなんとかなる。
そもそも通話はほとんどしない。ケイタイの通話履歴を見てみたが、受信は2年前、着信に至っては5年前に機種変更した時の履歴すら残っている。
連絡はほとんどパソコン系のメールでするからだ。分析的に考えるならば、まず「受信」はどうかということ。音声電話は不在着信をメールに転送できるアプリがあるので、即時性の必要ない時が多いならば何とかなる。では、「発信」はどうか。あちこちに動き回る活動量の多い人ならば、人との待ち合わせで、必要かもしれない。私は、今ではそういうこともなくなったし、事前に調べていけば問題も発生しない。

311の東日本大震災のような移動中に似たような状況で電車が止まってしまった時で、即座に関係者に連絡をつけたい時にどうするか。そんな時くらいしか思いつかない。
火事や犯罪通報を含めた緊急非常事態時に、(通話料は払うからと言って) 他の持っている人がケイタイ、スマホを貸してくれるだろうか。私なら、困った時はお互い様とたぶん貸してあげるだろうから、決して無茶苦茶ではない話と思う。でもフリーライダーだから断られて、嫌な気分になるかもしれない。そんなおまじない、あるいはプライドのためだけに持つのだとしたら少しおかしいなとは思い、今のケータイを解約する覚悟で携帯ショップに向かった。(続く)