にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

スワイプしすぎで指が痛い(笑)

電車に乗っても、乗客のほとんどはスマホ等をスクロールばかりしている。居眠りをしている、あるいは年配の方で本や新聞を広げ読んでいる人はごく一部しかいない。

情報を閲覧しているわけだが、それだけネットの中の情報が豊かになり、事足りる世の中になったのだろう。パソコン初期の時代に、ここまで縦横スクロールのためのスワイプ操作ばかりの日が来るとは誰も思っていなかったと思う。

私自身も、今では多くの時間をタブレットを使い、指でスクロールばかりしている。タイプするのは検索のキーワードを入れるかブログ書きの時だけに限られるといって良いくらいだ。人差指の第一関節が腱鞘炎になりそうだ(笑)。

Apple Watch も来月には発売になるが、それとて特長の時計以外の機能となると、スワイプして操作するはずだ(少なくともAndroid Watchはそうだ)。今の時代は、タッチ操作全盛の時代のように思うが、指が効かなくなるとタッチ操作はできない。そうなると、今とは異なるタイプの操作対象への指示が必要になる。

そんなポインティングデバイス初期はキーボードの矢印キー、その後マウスになり、今では完全にタッチパネルだが、いずれ画期的ウェアラブル機器によって、主役は交代するかもしれない。他者への迷惑もあるので音声による操作ではなく、究極は目の動きだけで操作や指示ができるものになるはずだ。それなら指が痛くはならない(笑)。

http://www.flickr.com/photos/14829735@N00/7026328819

photo by dullhunk