にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

何事もなかったように旅に出ること

何事もなかったように旅に出るというのは愉快である。朝、家の掃除をして、普段通り仕事に行き、ノルマを終え帰路につく。そして、空港に向かい、旅先で数日過ごして、また家に帰る。何事もなかったように、翌日には翌週の仕事を始める。
少しの合間に、あれよあれよとこなす人がいて敬意を表していた。私も、そこまでではないが見倣っている。例年、4月の新学期はとても忙しい。しかし、今年は少し隙があった。
 
ギリギリのプランでは途中で何らかのトラブルに巻き込まれるとまずい。そういうことのないように布石を打っておく。そして、後でここに行ってきたんだよねとご披露する。そういうことをシェアする相手も身近にはいないので、その相手は他ならぬこのブログの読者だ。その辺りを、明日から数回記していきたい。
 
旅行の好きな人は、どんな旅でも最終的には今回の旅に、"Yes" を言うのだろう。だからこそまた、旅に出る。"No" という人は、それ以降は行かなくなる。だから、旅行が初めての人以外は、リピーターと、いつも行かない人と二極化が起こる。私はもちろん前者だ。この頃、多少強迫観念がある。行けるうちに行っておかねばと思うが、そうそう何度もいけるものでもないので、やはり年に一度が良いところだ。できれば60代は身軽にあちこち出かけたい。

 
*** ピントがボケボケだが、行った日は "Japan Day" だった

f:id:Miketoy:20150415064038j:plain