にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

ライフログから川柳ブログへ

今朝の日経新聞に、「ライフログで個人の健康を守る」という記事があった。

毎日の活動状況を記録し蓄積した情報「ライフログ」を使って医療や健康維持に役立てようとする動きが活発とのこと。具体的には、リストバンド型のウェアラブルコンピュータなどを利用して、気づかないうちにデータを記録して健康意識を高め、健康管理に役立てようするものだ。

 

ただ自動的にデータを取るだけでは、それだけであり、「意識を高め・・」という本人の自覚が重要である。人生を生きていると、いろいろなことがあるのでブログなどに書き留めておく。その記録がライフログとして、いつの日にか財産になることもあるかもしれない。他の人にはともかく、自分自身には意味があろう。視覚に残っていた家の過去風景のようなものも、写真だけでも頼りにはなる。その写真にさらに一言でもあると、価値は一層増すだろう。

 

*** 我家の親の代の家 これもライフログ

f:id:Miketoy:20150504183100j:plain

私のこのブログも「Miketoyの85点人生のライフログ」と詠っているのは、そのライフログを意識しているからだ。自分のバイアスの入った独善的内容をブログとして残す。付随効果として、遊んでいる脳みそが活性化して、結果的には老化防止に役に立つと信じて・・・。

先週テレビを見ていて、ブログに平板に記録するだけでは不十分かなと考えた。同年代ブログでは、川柳ブログにしている人も見かけるが、ライフログをさらに一捻りして、使っていない脳の部分をさらに刺激することも必要かなと。現役の今はまだ良いのだが、リタイア後は川柳クラブにでも参加し、その方向の技術も鍛えようかと思ったのだ。