にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

暑いくらいだから開花も早い

我家では 5月と 10月の年に2回が花の大々的な入替の季節である。一年中、手作り管理で何らかの花が保たれ続ける空間の庭でありたいと思っている。

具体的にはそのために、今週はパンジー、ビオラを処分するとともに夏用としてペチュニア中心の鉢に完全に入替えた。土も天日干しの入替で、結構大変だった。今は養生中なので色気がないため後日の披露としたいが、ハンギングバスケット四つ、寄植えの平鉢六つの入替を完了させた。

一年余り前から地植えにしていること、また今年は春が暑いくらいなこともあり、開花も例年より早くなっているようだ。今回は派手さの比較的少ない4つをご紹介したい。

 

*** アスチルベ: この2年間は花を咲かせなかった。地植えで寒さにあてる必要があるとのことで、その成果が出てきたようだ。

f:id:Miketoy:20150522053318j:plain

*** プルンバーゴ: 昨日5/21に一輪咲いた開花記念日で、数日早いが、まだまだこれからが本番。 

f:id:Miketoy:20150522053252j:plain

*** オルレア:  昨年より春の定番の花になった

f:id:Miketoy:20150522055147j:plain

*** ゼラニウム:  以前のカメラより赤色の再現性が良くなった

f:id:Miketoy:20150522055215j:plain

地植えでのガーデニングは戸建てならではの楽しみであるが、マンションの一階の共同庭のある所に住めば、庭仕事はできなくはなさそうだ。一つ物色している件もあるのだが、日当たりの問題、それ以上に上位階からモノの落下があり得る心配で躊躇している。自由度豊かに楽しむのならばやはり戸建てだろう。天はなかなか二物を同時には与えてはくれない。