にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

若者よ! 目が近すぎるぞ!

電車やバスに乗っていて、若い人は誰もがスマホをしているが、その時に気づくことがある。40代、50代ならば、スマホとの目の距離は 30センチ以上は離しているようだが、20代から30代はじめくらいの人は決してそうではない。目が悪くなさそうなのに、20センチくらいに近づけて操作する人(特に女性)がとても多い気がする。その感じでは、視界はとても狭いだろうし、無防備すぎるのではと思う。余計なお世話かもしれないが、外からの異変や外部の敵から身を守れるのだろうか心配でならない。

http://www.flickr.com/photos/63991153@N00/14482107229

photo by Hindrik S

 

子どもの頃に、本を読む時は30cm以上は離しなさい。さもなくば、近視になるとしばしば言われた。言いつけを守らなかったせいかわからないが、近視になった。それ以降も、乱視や老眼で悩んだものだ。

さて、昨日に私は白内障の眼内レンズの濁りをとるべく日帰りレーザー治療の手術を終えた。この頃はメガネをかけても、またその度をあげてもあまり良く見えない。明るいところで近い距離の文字ならば、多少ぼけるとしてもメガネはなしの日常のほうが心地良い。30cmでは見えにくいのだが 20-25cmくらいならば、タブレット操作でも、また新聞も裸眼で何とか読める。この点についてだけは若者並みとなった(笑)。