にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

東奔西走する人生

今日から7月、今年一年の半分が過ぎ、私のリタイアまでのカウントダウンまでも、あと9ヶ月となった。

 

私の人生の節目では、西の地に行って後に東の地に戻る繰り返しのようなものであった。南北の移動はあまりなかった。あまりチマチマとした移動ではなく、ゴムが弾けたり、その反動で戻されたりというように東奔西走をした。たまたまなのだろうが、理では説明はつかない何か運命のようなものに支配されているような気がしないでもない。

 
節目でのそんな東西移動の感覚に気づいたのは約15年前だ。その一回目は会社員生活を辞めた時である。私にとっては縁も所縁もない地方のある大学で職を得て、第二ステージの生活が始まるその時に、今までになく大きく西方向に移動した。それ以前にも、規模は小さかったが節目の時期には東の家に引っ張られ、西方面の学校や就職と移動をしたことは少なくなかった。結果的にだが、Go West 精神があったのかもしれない。その後に、家の相続も関連して東に戻った。今回は、さらにその次の第三ステージの始まりで、さらに大きく西に舵を切る。最後には、東のホームベースに回帰して土となるのだろう。