にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

日記ブログ、ライフスタイルブログ、イベントブログ

ブロググループの分類に関して考えてみた。いろいろな捉え方があると思うが、以下は無責任ながら私なりの独善的3分類をする捉え方である。

第1のそれは日記系ブログだ。私の参加している "にほんプログ村" の60代日記は、言葉通り日記ブログだ。同年代で気持ちを分かち合うという意味で、コメントも比較的良くなされいる。他の年代よりはるかによく理解、共感できる世代だからとても興味深い。時事ネタの類のものでも、その人の全容がそれなりにわかっての文なので、評論家の捉え方より、お喋り的で身近に感じる。

私は他者にコメントしないし、自らのコメント欄も閉じているが、上位ランクのブロガーさんの歩んできた日々の生活に関心を持ちながらも、聞き流している。中には、テレビ番組より面白いドラマがあり、ハラハラしながら見守っている。

それらからすると、私自身のこの「日々のログ」は、本流の日記系ブログではないし、大多数の他者には面白くもない内容と思うが、変更するつもりは毛頭ない。ランキングでいうならば、Outポイントで50位近辺でフラフラしているが、今後もずっとそうであろう。

 

第2のライフスタイルのジャンルは、少し気取っている各自のこだわりの自己表現タイプだ。実際は多くがそうだとも限らないのだが、私はこういう生き方よと、自分の価値観、主義主張に沿った「生き方」を提示する、ある意味では尖ったブログであろう。わざわざ記すわけだから、その生き方に自信を持っていることだ。悪く言えば、自慢であろう。

"にほんプログ村"の60代の日記と60代の生き方との区別を私なりに解釈するとしたら、気持ちを分かち合う日記ブログ、自分のスタイルを自慢したい生き方ブログところだろうか。皆がそう意識して書いているわけではないと思うので、母数が多い60代の日記と、ニッチな60代の生き方とが混在しているのが現状といえる。

エコライフはエコな生活を、ガーデニングもそれを中心とする生活だし、早期にリタイアを考えている人はセミリタイア生活だ。シンプルライフなら気取らない生活だが、人に焦点をあてるならば、ミニマリストだ。トップレベルの人は、凛として高水準なレベルだなといつも感心しながら参加しているが、私の場合のライフスタイルの対象は、未だ焦点が定まらず、どれも中途半端なままである。

 

第3は、(多くは一過性の)ライフイベントに焦点を当てたブログだ。

検索エンジン等で、関心事をキーワードに検索をかけ、ヒットする。時流に乗ったり、炎上するような記事であれば、ランキングを大きくあげるだろう。多くの人に等しく遭遇し得るジャンルなことも多いだろう。損得の隠れている商売系のもあるだろうが、私の関心事はパーソナル系のそれで、情報源としてブログはとても重宝している。

具体的なイベントとしては、就職や転職、退職、そして結婚や子育て、離婚、引越し、孫関係などなどがあるだろう。一過性のものも多く、その対象を通過してしまうと、急に興味が失せる場合も少なくない。

"ブログランキング" では、中身は同じなのだが、リタイア日記のカテゴリーに所属している。これはリタイアというイベントの前後だろう。その時期を過ぎたら、そこから離れるかも知れない。マンションリノベーションもそうだ。今は大変関心があるが、工事が終わったら、その関係の仕事でないとしたら関心も薄れるだろう。すると、そのグループに継続して所属する必要性は少ないので脱するかもしれない。

書いているときは、他者にお役に立ちたいという貢献意識を持っているかも知れないし、実際に他者に役立つ場合も少なくない。そんなイベント系はいつかは終わる。独自のライフスタイルもいつかは修正を余儀なくされるので、最後はその年代の一人の人間に至るとすると、長く続くという意味では日記系になる。自信をもって生涯のライフワークとしたいのならばライフスタイルジャンルが適当なのかなと思っている。

http://www.flickr.com/photos/15932083@N05/2415864146

photo by viagallery.com