にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

もう死亡保険は解約するのだ

先日に銀行に行ったのは、共済定期保険の解約のためだ。勤務先での団体の掛け捨て保険の半年更新の自動引き落としをしていた。そもそもの契約の理由は、三大疾病保障コース対策のためだった。しかし、三大疾病だけでの契約は可能でなく、死亡保険も強制加入だったので、やむなく最も低い条件の300万円の家族年金も込みで契約した。年額にして約 8.8万円の保険料支払い*1だ。もう来年四月からの継続はしないこともある。残りの時、あと半年で三大疾病になることはなかろうと腹をくくった。もしこの間でなったら、それは運命だろう。不安に感じたら、一生保険を続けなくてはならない。

 

もう、子供達のことも心配するのは必要のない時期だし、彼等も親をあてにしてはいけない。私自身の葬儀代をきちんと手当をしておけば、その実費以上に受取人にお金をあげなくても良いだろう。

 

私の親の時がどうだったか良く覚えていないが、生命保険会社に死亡保険云々と言われた時に、独立心の旺盛だった子の私は嫌悪感のようなものすら感じた覚えがある。人によっては、余計なお世話なのだと思う。

そもそもこの手の保険の加入はいつも最低限のものにしていて他はないはずだが、周辺の関連サービスも今後どんどんと整理して行く。保険は人々の不安を煽り、そこにつけ込んだ悪どい商売なので大嫌いなのだ(笑)。ともかく、今回の解約ですっきりした。

 

 

http://www.flickr.com/photos/51035555243@N01/5968609920

photo by Thomas Hawk

 

*1:高齢化に従い、保険料支払いは多くなっているのだろう。昨年は62877円だったのが今年は87885円と大幅値上がりしているのに気づいた