にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

「バブル勝ち逃げ団塊世代の妄言」から

中国経済がバブル崩壊するか否かは気になるところだが、老後のことを考える上で参考になる面白い記事を見つけた。今年2月20日の週刊ポストの「リタイヤ貧乏とリタイヤ貴族の分かれ道」の記事が参考文献のようである。私はそれを読んでいないので、最下段にあるサイト (筆者の主張?)からの引用、あるいは孫引きになるのかもしれないが、そこで示されている「バブル勝ち逃げ団塊世代の妄言」の6つ は興味深いもので、私の感想もつけ加えてみた。

 

http://www.flickr.com/photos/42782368@N03/15101083158

photo by Carbon Visuals

 

 

  1. 退職後男性の人生は思っているほど長くない

    一般的な話として、男は女より短いのは事実だし、miketoy家も父母ともに76歳で他界した。私もその年齢まで生きられれば万々歳だ。そこまで生きてはいないかもしれない。


  2. 60才から65才は第二の青春、やりたかった事をやる時期

    タテマエでなく本当にやりたかったことは何か、未だ良く分からない。やり残しがあるとするならば、海外で長期間住んでみたかったこと。
    結論はわかっている。やはり、日本で暮らすのが一番だということ。それをロングステイで再確認したいという欲求がある。


  3. 気力・体力・好奇心は65才を境に下降し続ける

    そうだろうなという予感はある。周りの人達の言動を見ていてもあたっている。


  4. 海外ロングステイ・海外放浪の旅はどんなに長くとも70才まで

    やはり健康年齢が目安だろう。それまで活発に活動していた下記ブログ著者の実感のようでもあり、私も参考にしたい。海外に出られる期間は限られている。


  5. 日本人の健康年齢、男性70才は本当です

    そうだろう。私もまもなく62才だ。あと8年近くを大切に過ごさなくてはと思っている。


  6. 還暦60才は、暦ではなく人間の体、構造からきている普遍の真理です

    私も還暦から2年近く経つが同感だ。やはり抗えない人類の生物としての宿命のようなものを感じる。


*** コンパクトにまとまっていて有益なサイト。私とライフスタイルが似ていそうな方なので、大いに参考にさせてもらっている。

www.tt.em-net.ne.jp