にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

エアコン設定温度30度のギブアップ宣言

もう我家ではエアコン冷房の登場は少なくなってきた。電力会社から以前より、冷房や暖房の温度を1度控えただけで 10%の電気代の節約と言われていて、これは大きい、節電しなくちゃと思った

しかし、基準としている初期温度によっても異なるだろうし、この温度設定の1度の差はどれほど価格に効くのか、その主張が真実なのかも定かでないし、単なるアバウトなイメージ戦略だけなのかもしれないが、とりあえず真実と仮定しよう。通常勘違いするのは、全電気代のそれと思ってしまう。しかし、それは冷暖房費においての10%であり、当然ながら、テレビや洗濯機、冷蔵庫の消費電力分はそれとは独立な事象であるから、全電気代の中での冷房費の占める割合は自ずと低くなる。

 

とりあえず、夏の冷房に限って考えよう。我家では、夏のエアコン使用時は 30度設定にしていた。以下、本来は消費電力のほうが適切だが、直感的には月額電気代の価格のほうがわかりやすいから価格換算で解説しよう。

エアコンを使用しない電気代の一番低い 5月は 5500円程度だ。大雑把に言えば、夏のエアコン使用時と、その差額が冷房費と考えられる。実際の、7,8月の電気代は今年でも約 9000円相当である(実際は東京電力からの買電は約6000円、自家発電分で約3000円)ので、3500円相当が冷房費となる。

この2,3週間はエアコンを一切使用していないくらい涼しい。8月は暑い暑いと言っても、一ヶ月間ずっと暑いことはない。大雑把に言うならば、今年も前半だけが24時間フル回転で、このところは間欠運転にしているため、エアコンの消費量の占める割合はそれほどでもないと思う。

私流の簡易計算法によると、小型の2.2 KW能力のエアコンを一日中回して平均消費電力0.2kwh、平均単位時間価格は25円と換算して、0.2 x 24 x 25 と掛け算した結果は約120円である。一月ずっと暑いとしても、エアコン冷房代の月あたりは、120 X 30= 約 3600円だ。夏を7,8,9月として三ヶ月分で通しで3600 円 x 3 ヶ月 = 10800円だ (私の今の使い方からすると、実質その 1/3 程度だと思う)。

3ヶ月分の一万円余の10%の約1000円強の差が、設定温度1度の節約に相当し、それをどう判断するかとなる。冬の暖房も含めて考えると一度分設定の差は年間通しで約3000円、あと20年生きるとして、生涯6万円である。温度センサーが鈍くなりつつあるシニアの身を考えると、そのくらいで快適さに違いがあるなら無理をしないで 1度くらい調整しても良いだろうと判断をした。
そいったことを総合して、設定温度は従来の30度から今後は夏は29度に方針変更をしたが、エアコンをするかしないかこそが重要で、1度程度の調整では大して消費量は変わらず、風の方が重要な気もする。今年はそう試みたのだが、今夏の電気代が高くなったかというそんなことはない。もっとも、それ以上に平均気温などの年毎の変動が大きいから、前年と比較してもあまり意味はなさそうだが、1度の差は所詮その程度ではないか。
 
ただ、そうしたいと思ってもエアコンの設定が、湿度との関係で未だよくわからない。「自動」というのがマイコンによる自動制御で最もうまくコントロールされているはずだが、どのようにプログラムが書かれているのかわからず謎だ。
F社のエアコンでは、自動でも除湿でもそうだが、設定温度に関わらず温度がどんどん下がる。29度で除湿に設定していても、やけに涼しいと思い温度計を見ると25度を切るくらいに下がり続け、寒すぎる。
私的には30度で湿度50%の緩やかな風がくる程度で維持されるのが気持ち良い。そんなに複雑なことを言っていないはずなのだが、このエアコンは、どうして私の要求をわかってくれないのだろう。
ダイキンのプレミアム冷房では温度制御は0.5度刻みなためか、自動設定でそこまで温度は下がらないので、そこそこ満足はしているが、数日前の新聞記事にパナソニックで温度湿度の体感を感知し調整してくれるエアコンが来年発売とあり、私の要求を理解してくれることを期待したい。私としては、音声ガイダンスなど余計な機能強化はしてくれなくても良いから、温度湿度を適正にコントロールしてくれる基本性能の高いエアコンを導入したい。そしてエアコン設定温度30度をギブアップし29度、冬は16度設定から17度とするぞとの宣言が今年の結論である。
 
*** 今年は手動でなく、自動 + 2での設定 。自動の標準温度27度+ 2度の29度になってくれるはずだが、現時点ではまだ不満が残る。

f:id:Miketoy:20150820173340j:plain