にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

リマインダーアプリは結構使えるね

出張などの時には、訪問先の電話番号、場所の管理、移動のための電車等の時間が変更になったりで、複雑な情報対応が必要になる。それはそれできっちりと、こなせれば脳の刺激にもなり楽しくもある。ただ、私達の記憶量には限界があるから、各自の処理能力を超えると情報過多になって溢れたものは忘れられ、捨てられていって混乱を招いたりする。だからこそ、大変なのだが情報をコンパクトに整理する適切なスケジュール管理が重要となる。

http://www.flickr.com/photos/53991912@N00/358376440

photo by Tricia Wang 王圣捷

 

そのスケジュール管理に、パソコンのような機械は向かないと言われていた。私もその立場で、「超」整理手帳のようなアナログな物理的な"もの"を長らく使ったりしていた。
パソコンソフトでの "デジダル" なスケジュール管理は、使い勝手がわからずに、食わず嫌いだっただけかもしれない。それはWindowsLinux, MacOS, iOSなどと、いつも異なる機種を使っていたことも大きいと、今になっては思う。
今は、Apple社の機器に統一しているので、連絡先の管理も、(異なるバージョン間での同期の問題はあるとしても)、また時刻表などは画面コピーをとってクラウドに保存しておいたりで、以前よりはるかに楽でミスも少なくなる。

紙のメモに書いたりせず、連絡先や「リマインダーアプリ」を共通して使うと便利だ。(若者はやっていることだが)スマホやタプレットのような、いつも機器が身近で常時持参し、チェックして開いているから、その時間にメッセージが来たり、アラームが鳴ったりで適切な管理が可能になる。ただ、私はまだ使いこなすところまでいっていないし、肌身離さずというわけではないので、テキストをただ入力するシンプルなメモ帳アプリが一番使いやすい。
でも、スケジュール管理はそんなデジダル方式のほうが良さそうだと気づいたときは、時すでに遅しであった。今後にスケジュールがビッシリということはなくなって、ガラガラのスケジュールばかりなのだ(笑)。